私の就活ストーリー(No.21)安全で安心な「食品づくり」を目指します

  • 私の就活ストーリー

安全で安心な「食品づくり」を目指します !!

田島 歓
(千葉県立千葉明徳高等学校出身)

 

私はこの度、株式会社「NRE大増」(以下「NRE大増」という。)から内定をいただくことができました。「NRE大増」は弁当・惣菜・寿司・おにぎりの製造、販売、加工食品の流通及び生産卸を行っている会社です。首都圏主要百貨店食品フロアを中心に34店舗を出店しています。

もともと「食」に関して興味があり、環境社会学部では少しでも多く「食」に関する専門知識を得るために、「食」に関連した授業を履修しました。「世界の食糧事情」、「フードビジネス」、「メニュープランニング」、「地域食文化論」などの授業です。

私は、就職活動で食品に関わる企業を探しました。卒業研究も福田研究室で「食のリスクマネジメント」を研究しています。就職活動中に、福田先生からの推薦を受けて、「NRE大増」の面接を受けることにしました。私は、面接までに志望先について調査をし、実際に「NRE大増」が販売している場所に行き、試食もしました。面接では自分の志望動機についても誠意をもってアピールすることができました。

私は、就職活動で何社か受けたのですが、時には挫折しそうな時もありました。しかし、そこで諦めることなく面接が終わった後に何がいけなかったのかを振り返り、次回に活かそうと心がけました。たとえ希望する会社の内定が取れなくても落ち込まず、最後まで諦めないで取り組めば必ず「道は開ける」と思います。

就職活動の際には、就職センターの方々に大変お世話になりました。履歴書の書き方や面接の練習や真摯に相談にものって下さいました。私が、今回内定を頂いたのも、決して私一人の力だけでなく、周囲の人々の支えがあったからだと実感しています。

私自身、就職が決まったからと慢心することなく、社会人として企業人になったときに役立てるように勉強することは大切だと思います。今後は、食品業界の中に身を置き、安全で安心な「食」に関するより高度な専門的知識について、実務を通して深めていきたいと思います。日本国内だけでなく、広く海外にも目を向けてグローバルに「食」の問題について考えていきたいと思います。