検索
メニュー
メニュー

「野生生物と社会学会」にて卒業研究を発表しました

  • 里山プロジェクト

令和元年11月22日から24日に開催された第25回「野生生物と社会学会」金沢大会において環境社会学部4年の丸山大我君が卒業研究の内容を発表しました。「千葉県山武地域における谷津田の耕作放棄がクモ群集に与える影響」というタイトルで、5年間ゼミで活動を行っている大学近隣の早船里山において2年間野外調査を行った結果を発表しました。初めての学会発表で緊張していましたが、自身が行ってきた研究を学外の研究者に説明することは貴重な経験となったと思います。他のゼミ生も2名学会に参加し、野生生物と人間社会に関する様々な課題に取り組んでいる研究発表を聞き知識を深めました。(文責国武)

発表ポスターと丸山大我君
見学できた金沢兼六園の紅葉