検索
メニュー
メニュー
城西国際大学の社会貢献活動
  • 特集

スリランカ日本教育文化センター奨学生との交流

求名駅前区の方々と清掃活動を実施

多彩な地域貢献活動を行っています!

城西国際大学(JIU)は中企業務計画 J-Vision 2020の中で、「地域人材の育成(Vision 3 教育力の持続的向上と地域・世界と直結した連携教育の強化)」と「地域社会に貢献(Vision 7 発信力強化と社会的存在価値のさらなる向上)」を謳っています。千葉・東金のメインキャンパスはもとより、南房総の観光地に立地する千葉鴨川・安房キャンパス、皇居に一番近い都心型の東京・紀尾井町キャンパスにおいても、大学の学術的知見を活かしたエクステンション・プログラムや地域ニーズに応える各種ボランティア活動を積極的に実施しています。地域連携推進センター(JIU-CLiCs; JIU Community Liaison Center)は、学部を越えた教育・研究プログラムの支援、エクステンション・プログラムの設計・運営を行うほか、地域連携の連絡窓口として、各種ステークホルダーとの関係づくりや社会貢献活動をコーディネートしています。

千葉東金キャンパス

(1)JIUエクステンション・プログラム

1)公開講座

1992年開学時より、学術研究成果や知的資源を地域社会に還元し貢献する目的で、千葉県内各地で開催しています。2018年度は「東金市」「鴨川市」「茂原市」「御宿町」「香取市」の5会場で全20プログラムを開催し、延べ500名以上が受講しました。本講座の内容は、本学教員による講演や実践活動で、「健康」「福祉」「オリパラ」「国際文化・交流」「環境」「パソコン・メディア」など多岐にわたりますが、地域のニーズに応えられるように毎年プログラムされています。

2)シニアウエルネス大学

創立15周年を記念し、2006年に開設されたシニア世代(40-69歳)対象のプログラムです。健康・生きがいづくりの支援を目的とし、通年30コマの1年制プログラムとなっています。学生たちともに入学式・卒業式にも出席し、年間プログラムを修了された方には、シニアウェルネス大学学長(JIU学長)より修了証が授与されます。地元自治体(東金市・山武市・大網白里市・九十九里町・横芝光町・芝山町)より後援をいただき、2018年度までに、延べ400名以上が参加しています。また、シニアウェルネス大学の卒業生で作るサークル「くじらクラブ」には、現在約60名が所属し、地域でのボランティア活動の他、大学祭のイベントサポートや本学課外活動団体の試合の応援など、学内外で精力的に活動しています。

3)コミュニティカレッジ

1992年開学時より、地域住民の健康・生きがいづくりを支援するために開講されているプログラムで、広く一般の方々にご参加いただいています。「趣味講座」「教養講座」「語学講座」などからなり、年間20~30の講座を開講しています。受講生たちの中には、本学の学園祭 JIU Festival に参加して、作品を展示しています。2018年度は31講座を開講し、延べ400名以上が受講しています。

(2)子育て支援

福祉総合学科子どもコースで保育士や幼稚園教諭を目指して学ぶ学生たちは、毎月『子育て支援ルーム』を開催し、地域の未就学児をもつご家族の交流の場を提供しています。D棟1階に設置された子育て支援ルーム、通称「くじらキッズ」では、子どもたちやご家族と本学学生の交流の他、本学教員による子育て講座を開講するなど、地域貢献と学びの場となっています。


(3)薬草図鑑

2017年4月から毎月発行されているシリーズもので、薬草の写真を中心に、薬草にまつわる小話、生薬としての効用など、健康やくすりに対する興味関心を高め、草花や自然に対する楽しみを広げてくれます。薬草図鑑は薬学生たちによって編集され、薬学部薬草園研究室の関根利一教授が監修しています。最新号は、道の駅「みのりの郷・東金」や商業施設「サンピア」、市役所「ふれあいセンター」などで閲覧することができます。過去に発行されたものはHPから閲覧することができます。

安房キャンパス

(1)安房キャンパス エクステンション・プログラム

1) 安房の国 観光プログラム『安房の国観光まちづくり塾』

2020年に東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、より一層訪日外国人旅行者の増加が見込まれるなか、本学観光学部の教員が講師となり、インバウンドに関する話題を様々な視点から取り上げています。

東京紀尾井町キャンパス

1)エクステンション・プログラム

「いつからでも、いつでも、誰でも学べる」をモットーに一般開放されている生涯教育の学びの場です。「教養講座」「趣味講座」「芸能鑑賞会」からなり、年間約30プログラムを開講しています。2018年度は約30のプログラムに、延べ684人が受講しています。

スリランカ日本教育文化センター奨学生との交流

公開講座(東金市)「福祉用具を使ってみよう!」

POINT:地域ボランティアに参加しよう!

福祉施設の高齢者介助支援・障がい児支援、小中学生対象の学習支援、お祭りやマラソン大会などイベント支援など、地域ボランティア活動の内容は多岐にわたります。学生にはうれしい有償ボランティアもあります。

2019年度ボランティア活動
・吹奏楽団による慰問演奏
・福祉施設の介助支援ボランティア
・東金市機能別学生消防団
・防犯パトロール活動
・学習支援
・館山湾花火大会ボランティア
・鴨川松島再生プロジェクト
・小湊地区小学校跡地利用に関する市民会議
・鴨川市内小学校の土曜スクール

POINT:地域の国際交流を推進します!

JIU教職員及び学生たちは、地域の国際交流活動に積極的に参画しています。2020年度に開催される東京オリンピック・パラリンピックでは、千葉県内で8競技が行われます。山武市はスリランカのホストタウンとなっており、本学にもスリランカからの訪日客がたびたび来訪して異文化交流を行っています。本学留学生は1000人を超え、約30の国と地域から来日しています。国際色豊かな本学所属の教職員・学生、さまざまな異文化交流サークルなど、地域の小中高等学校や地域住民主催の小旅行や文化交流会などに参加して、地域の国際交流を推進しています。

2019年度 地域の国際交流活動一覧
・山武市主催『国際交流サッカーフェスタ』
・さんむグローバルセンター主催
『千葉の郷土料理 太巻き寿司づくり』『サンブスギ箸づくり』『スィーツづくり体験』
・『スリランカ訪問団との交流会』
・東金国際交流協会主催『鎌倉バスツアー』『姉妹都市安曇野訪問ツアー』
・オリパラ支援
・東金特別支援学校『ボッチャ体験』
・東金青年の家『世界にともだちをつくろう』
・国際交流フェスタin AWA ―千葉県在住外国人による日本語スピーチコンテスト
・鴨川市川代地区の収穫祭