検索
メニュー
メニュー
城西国際大学の地域連携活動
  • 特集

キャンパス周辺地域でのフィールド教育

地域課題に取り組むプロジェクト教育・研究

多彩な地域連携活動を展開しています!

城西国際大学(JIU)は中企業務計画 J-Vision 2020の中で、「地域人材の育成(Vision 3 教育力の持続的向上と地域・世界と直結した連携教育の強化)」と「地域社会に貢献(Vision 7 発信力強化と社会的存在価値のさらなる向上)」を謳っています。
千葉・東金のメインキャンパスはもとより、南房総の観光地に立地する千葉鴨川・安房キャンパス、皇居に一番近い都心型の東京・紀尾井町キャンパスにおいても、周辺地域との連携で多彩な教育・研究活動を展開しています。
各学部・研究科で行われる地域連携活動は、自治体や医療機関・各種学校や施設・企業・団体などの協力のもと活発に活動し、教育・研究の成果を挙げています。地域連携推進センター(JIU-CLiCs; JIU Community Liaison Center)は、学部を越えた教育・研究プログラムの支援、エクステンション・プログラムの設計・運営を行うほか、地域連携の連絡窓口として、各種ステークホルダーとの関係づくりや社会貢献活動をコーディネートしています。

POINT:フィールド教育・プロジェクト教育

1992年の開学以来、JIUが取り組んできたフィールド教育・プロジェクト教育は、JIUのスタンダード教育としてカリキュラムに深く刻まれており、2019年10月現在、全学部・研究科における地域連携教育プログラムは科目数にして年間約50プログラムを実施しています。キャンパス周辺地域をフィールドに、産業・環境・文化・交流・行政・医療・福祉・教育など多様な観点から取り組んでいます。地域社会が有する課題をテーマに、プロジェクト教育では課題発見・問題解決のスキルを身につけます。このような地域社会と連携した実践教育は、これからの社会に必要とされる「生きぬくチカラ」を醸成します。

地域連携プログラム

(1) 専門職連携教育プログラム(IPE99; Interprofessional Education 99)
医療福祉系4学科(看護学科・医療薬学科・理学療法学科・福祉総合学科)の協同で運営する専門職連携教育(IPE99)を実施しています。2012年から始まったIPE99は、3つのステップ、5つのプログラムからなります。年間で延べ約1200名の学生が参画し、延べ約70名の教員が指導に当たります。医療福祉の専門職を目指す卵たちが、九十九里地域の医療福祉を実際に体験し、討論やプレゼンを通じて、専門職協働のスキルを身につけます。

POINT:専門職連携教育IPE99の特徴

STEP I:「患者理解」患者講演会Ⅰ、患者講演会II
がん患者の方、薬害被害にあわれた方、ALSなどの難病患者の方にご講演をいただき、患者自身の痛みや苦しみ、家族や支える人に対する想い、医療福祉従事者に対する気持ちなど、当事者でないと感じえない想いや考え方に触れ、他学科の学生と感じたことを共有することで、異なる価値観の共有とともに、患者に対する理解を深めます。

STEP II:「専門職理解」専門職講演、模擬事例検討WS
専門職講演では、医師・看護師・薬剤師・理学療法士・管理栄養士・ケアマネージャー・介護福祉士など医療福祉専門職の方々にご講演をいただき、専門職の特性を知るとともに、自職種の特性についても理解を深めます。また模擬事例を活用したグループワークを行うことで、多くの専門職によるチームケアを経験し、目標の設定と課題解決のためのアプローチを体験します。

STEP III:「専門職協働の実践」実践IPE
各学科で専門的な臨地実習を経験した学生たちが、チームを形成し、実際に在宅ケアに取り組んでいるクリニックで実践形式の研修を行い、チームケアの実際を学びます。事前学習・実地研修・事後学習により、それぞれのフィールドで経験した在宅ケアの在り方を共有することで、各フィールドで行われるチームケアの違いを学びます。

●患者講演会

2019年度 実践IPE研修先一覧

・医療法人社団二洋会 岡崎医院(東金市)
・花城医院 社会福祉法人平成桔梗会(山武市)
・医療法人社団千歯会(大網白里市)
・株式会社片貝薬局(九十九里町)
・医療法人社団昌健会みんなのライフサポートクリニック大網(大網白里市)
・株式会社千葉薬品・ヤックスケアタウン(千葉市千城台)
・医療法人社団優和会 松永医院・笑顔グループ(南房総市千倉)
 sponsored by 東邦薬品株式会社・共創未来グループ


(2)域学共創プロジェクト

地域と大学が未来を共に創るプロジェクトです。学生たちが学部の垣根を越えて共に学び、時には留学生とともに国境を越えて共に学び、プロジェクトの企画と実践を通じ、プロジェクト・マネジメントのスキルを身につけます。地域と大学の協働は、コミュニティをはぐくみ、社会を豊かに変えていきます。2019年度のトライアルを機にカリキュラム化し、2020年度より全学共通プログラムとして展開していきます。

・Project#1『東金アーカイブスプロジェクト2019 携帯カメラで記録された東金の街並、自然、文化』…東金の魅力を100人100台のカメラで追いかけます。秋には水田美術館にて展示会を企画・実施!
https://www.jiu.ac.jp/tourism/news/detail/id=4728
https://www.jiu.ac.jp/museum/schedule/2019togane_flyer.pdf
・Project#2 『「世界一大きな授業」を地域ぐるみでおこなうプロジェクト』…世界の教育の現状について一緒に考えます。小学生対象の授業を企画・実施!
https://www.jiu.ac.jp/news/detail/id=5272
・Project#3『ケア機能をもつ地域づくり:多世代交流による域学共育プロジェクト』…“高齢者サロン活動”に参加・交流し、ソーシャルキャピタルと地域力を創出!
https://www.jiu.ac.jp/nursing/news/detail/id=4553
https://www.jiu.ac.jp/nursing/news/detail/id=6077
・Project#4『田間物語:田間マラソンもりあげ隊!』…今年で4年目、田間地区開催リレーマラソン大会、企画提案から運営実施まで!
https://www.jiu.ac.jp/pharmacy/news/detail/id=5915

(3)地域観光プロジェクト

千葉県有数の観光地である鴨川市に立地する安房キャンパスでは、観光学部が地域と国際を基軸にした実践的観光学を学んでいます。鴨川市や南房総に広がるフィールドを広大なキャンパスにして、さまざまな地域観光プロジェクトを展開しています。

2019年度 地域観光プロジェクト一覧

・鴨川市清澄地区・四方木地区の移住・定住を目指した活性化活動推進の取組
・大山千枚田の棚田の夜祭運営
・鴨川市民花火大会の運営
道の駅 “鴨川オーシャンパーク”との連携事業にて企画した「鴨川カフェマップ」が完成しました!
・鴨川食フェスタ運営
・鴨川チャレンジプロジェクト
JR東日本×観光学部「駅からハイキング」
・高等学校 修学旅行プランニング
・「Design」空き家を「Re」するプロジェクト
・冬の東北観光コンテンツの磨き上げ「外国人目線による現地調査」
・宮城県・山形県連携による首都圏在住留学生モニターツアー
・鴨川インバウンドー公共交通によるショートトリップー提案事業
・御宿町との連携事業

(4)メディア・映像制作

メディア学部のある本学では、地域の価値を発掘し、それを写真や映像記録として将来に残す制作活動を行っています。調査・撮影・ナレーションなど、あらゆるステージを学生たちが作りあげ、映像制作をプロデュースするスキルを身につけます。

(5)高大接続授業・学校間連携活動

千葉県の外房・九十九里エリアを中心に、小中高等学校・各種大学との連携活動を行っています。児童英語指導者養成コースでは、英語を第2外国語とする小学生を対象として、英語教育法の開発を行っています。養護教員の養成や学校薬剤師育成のプログラムでは、小学校中学校に赴き健康教育を実践します。教職課程の学生たちは、チューター制度を利用し、地域の小中学校で教員としての経験値を高めます。高大接続授業では、高等学校で行われる『グローバル教育』『キャリア形成教育』『探究活動』などに本学教員がかかわり、キャリア志向型の授業を展開します。

学校間連携授業・例示

・千葉県立東金高等学校 国際教養科『課題研究』授業への協力
・千葉県立成東高等学校 キャリア形成授業 つくもタイム
『医療人材育成:ヘルスケア基礎』『国際人材育成:多文化共生』
・千葉県立匝瑳高等学校 『中国語』
・千葉県立成田国際高等学校 『国際交流教室』
・千葉県立館山総合高等学校 『観光学習』

(6)ヘルスケアのまちづくり

看護師・理学療法士・薬剤師を育成するJIUでは、『まちの保健室』『多世代交流サロン』『介護予防教室』『壊れにくい身体づくり』『検査測定室』『九十九里コミュニティヘルスケア夏期セミナー』など、地域住民の健康管理・健康増進・認知症予防・介護予防などに関する場づくりと情報提供を行っています。

(7)『Center of Community (COC)』Project
COCとは、地域の中の大学。大学が自治体や産業界と連携して、魅力あるまちづくりを実践します。公務員志向の学生が参画する自治体インターンシップや医療福祉系学生による行政研修、農業体験から6次産業化まで、多方面にわたるまちづくりの実践プログラムに関与しています。
2019年度 連携協定を締結している自治体・教育機関・各種団体一覧
・自治体:千葉県、東金市、山武市、大網白里市、九十九里町、一宮町、鴨川市、南房総市、館山市、千代田区
・教育機関:国立大学法人千葉大学、千葉県立農業大学校、千葉県立成東高等学校、千葉県立木更津東高等学校
・各種団体:鹿島アントラーズ、三友プラントサービス株式会社、株式会社うぶすな、南房総観光協会、南房総DMC、館山信用金庫