検索
メニュー
メニュー

2017年度 社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士国家試験結果報告

  • NEWS

2017年度「社会福祉士国家試験」の結果、本学科の合格率(新卒)は43.9%と、全国合格率30.2%を上回りました。「精神保健福祉士国家試験」に関しましても、本学科合格率(新卒)は88.9%であり、全国合格率61.2%を上回りました。社会福祉士とのダブル合格者も6名輩出しました。
養成施設として初めての国家試験受験となった「介護福祉士国家試験」についても、合格率は91.3%であり、全国合格率70.3%を超えています。さらに、社会福祉士とのダブル合格者は4名でした。
このような好調な結果は、学生の努力の賜物ですが、福祉総合学科の国家試験対策(複数回の模擬試験、成績管理システム、対策講座、教員サポートによる自主学習会、Eラーニング、受験対策授業など)システムによるサポートが大きいと思われます。
福祉総合学科では、今後も、さらに高い合格率を目指し、国家試験対策に取り組んでまいります。