検索
メニュー
メニュー

【体験授業】クラーク記念国際高等学校千葉キャンパスの生徒さんが来学、福祉総合学科で体験授業を行いました

  • NEWS

9月28日(金)、クラーク記念国際高等学校千葉キャンパスから12名の生徒さんを迎え、福祉総合学科において、キャンパスツアーと体験授業を行いました。

181010_1.jpg

キャンパスツアーでは、図書館、実習教育や国家試験対策を担う福祉教育センター、実践的な介護技術を身につけるための介護実習室を紹介しながら、木もれ日の中、キャンパスをぐるり一周しました。
高校生の皆さんはキャンパスの広さに驚いていらっしゃいましたが、ツアーの中で福祉総合学科の在学生と会話をはずませる様子もうかがえ、本学のアットホームな雰囲気を感じ取っていただけたのではないかと思います。

181010_2.jpg

体験授業のテーマは、「かんさつ」でした。福祉・介護・保育のどの分野においても人を援助する際にはまず十分な観察が求められます。ソーシャルサービスコースの小川先生、介護福祉コースの篠﨑先生、子ども福祉コースの竹内先生が、それぞれ専門的な立場から観察について授業を行いました。
小川先生は、関わる相手の表情などを積極的に汲み取る点も「かんさつ」の一つの基本となることを、言葉を使わずに相手の考えていることを推測する「テレパシー体験」の実践を通じて教えてくれました。

181010_3.jpg

篠﨑先生は、「かんさつ」とはそもそも何なのかを、クイズ形式での体験を通して、わかりやすく教えてくれました。
最後に竹内先生は、「かんさつ」をもとに実際に人と関わる際のスキルについて、ミニ演習を通して教えてくれました。クラーク記念国際高校の先生にも参加していただきながら、相手の姿勢に合わせて左右を反転させる「ミラーリング」とよばれる技術などに触れました。

181010_4.jpg

大変短い時間でしたが、福祉のエッセンスが詰まった体験に、楽しみながら参加していただけたように思います。
10月13日(土)には福祉総合学科のオープンキャンパスがございます。皆さんの夢に繋がるような体験と学びを用意してお待ちしておりますので、是非、東金キャンパスへお越しください。