渡辺 修朗
(わたなべ のぶお)

  • 教授
職位

教授

専門領域

財政学、地方財政論
(演習担当:修士/博士)

担当科目

起業マネジメント研究IIIa(日本経済論)
起業マネジメント演習III
起業マネジメント演習IV

院生へのメッセージ

私達が勉強してきた経済理論というものは「工業化社会」を前提としたものです。「限界費用逓増の法則」とか「大量生産の法則」とかがそもそも工業社会的な発想です。しかしYoutubeやオンラインゲーム等に限界費用はありません。そういった法則が当てはまらないのです。昔はそれでも「そういった例外はあるけれどもそれはそれとして…」という形で処理をして、一応の理論体系を作ってきました。しかし、もはやそういった“例外”の市場の方が大きくなってきています。マクロ経済学も同様です。多国籍企業が大きな影響を持つなかでは「乗数効果」も期待できませんし、対外直接投資が多くなると貿易理論もあまり意味を持ちません。このように今、私達が直面する新しい社会には今までの理論や法則が全く役に立たなくなってきています。それゆえ若い研究者による活躍が非常に期待されています。