検索
メニュー
メニュー

研究科長あいさつ

  • 概要
経営情報学研究科長
福島 和伸 特任教授

経営系の大学院は2つの使命を持っております。

1つは、激動するビジネス社会で活躍できる高度なビジネススキルを持った人材を養成することであります。もう1つは、経営、商学、マーケティング、会計、物流、情報といった分野での研究者を養成することであります。

ビジネス社会は今多様な課題に直面しております。グローバル化、高齢社会の到来、地球環境への多様な対応、地域社会との共生等、絶えず新たに生まれてくる複雑多様な環境条件の変化にも適応できる体制を整えていなければ、その本来の役割を全うすることが極めて困難な時代を迎えています。 

城西国際大学大学院経営情報学研究科は、上記経営系の大学院の使命である創造的問題解決能力を有する高度な専門的職業人の育成を目指すとともに、アカデミックコースとして研究者、大学教員の養成の使命も果たします。

修士課程で学んだ学生は、高度な知識と知恵を磨きビジネスパーソンとして活躍する道と博士後期課程へ進学し研究者を目指す道があります。博士後期課程では高度な実務知識に裏打ちされた研究能力を養うと同時に教育者となるため教授法(ティーチィング·メソッド)や学生指導力の涵養も行い大学教員としての能力の開発も合わせて行って行きます。 また経営情報学研究科では高度な資格取得を目指す学生に対して大学院在学中に資格取得出来るよう徹底指導いたします。 さらに、学部在学中に大学院科目の履修を可能としております。取得単位は大学院進学後に単位認定されます。このような単位取得方法を通して、修士課程を1年で修了することも可能となります。 大学院経営情報学研究科はこのように学生達の多様な勉学ニーズに確実に応えてまいります。

また、2011年から新たに中小企業診断士登録養成過程を設置し、中小企業経営コンサルタントの養成を行っています。

  • 研究科長あいさつ