検索
メニュー
メニュー

包昇龍 さん

  • 在学・修了生の声
包昇龍 さん
2015年3月修了
株式会社SEION勤務
国際営業部

大学院での箏曲指導者との出会いが就職に繋がりました!

私は内モンゴルの音楽大学を卒業し、2012年に城西大学の経営学部に留学しました。翌年、大学院国際アドミニストレーション学科に進学し、経済を学びました。
在学中、『日本の筝曲を学び、モンゴル民族楽器馬頭琴の展望を考える』をテーマに修士論文を書きました。その際にご縁があり筝曲流派の奥田 雅楽一先生の立ち上げた株式会社NYCへインターンシップに行きました。インターンシップでは日本の伝統音楽、筝曲を学ぶと同時にモンゴルの伝統楽器である馬頭琴の奏者として演奏会にも参加させて頂きました。日本とモンゴルの伝統音楽での交流を通して和楽器や日本の伝統音楽に更に興味を持ち、大学院卒業後は箏、三味線の製造販売をしている会社に就職しました。
現在は中国の伝統楽器である古箏の製造を開始し、中国、台湾、シンガポール、バンコク、カナダへの営業、販売等の事業に携わっています。同時に、日本の方々に馬頭琴やモンゴルの伝統音楽を知ってもらうために奏者として演奏会に参加させて頂いています。