検索
メニュー
メニュー

Mariah de Visser さん

  • 在学・修了生の声
Mariah de Visser さん
2018年3月修了
ISM Consulting(イズムコンサルティング)勤務

組織文化、企業マネジメントを学び、日本で不動産アナリストに!

2年間の修士課程はあっという間に過ぎました。大学院の初日のこともまだはっきりと覚えているというのに、もうすでに国際アドミニストレーション研究科を修了して、「修了生の声」欄に原稿を書いているのですから。最初の授業から修士論文の口頭試問までを振り返ると、はるばるオランダから日本に来たことは価値のあることだったと思います。私は自分の知識を国際的なものにしたいと思っていました。例えば、「日本の組織文化はどうなっているのか。」「自分はどのように東アジアの国際的な企業マネジメントに適合できるのか。」などについて知りたかったのです。私がJIUを選んだのは紀尾井町キャンパスが東京の中でも素晴らしい場所にあり、設備も充実しており、完全に英語だけで修士号が取れる数少ない日本の大学院の中の1つだったからです。国際アドミニストレーション研究科では、Yahoo!、赤坂エクセルホテル東急、東京証券取引所などへの企業見学も行っています。

今、私は活気のある恵比寿の街を職場の窓から見ています。卒業後の休みが終わってすぐに、日本の不動産コンサルタント会社でアナリストとして働き始めました。私が入社を決めたのは、この会社がバイリンガルサービスを通して国際化を進めている会社だったからです。私は「ISM Consulting(イズムコンサルティング)」創業以来初の外国人社員でもあり、国際マーケティングとセールスに専念することでより多くの海外からのお客様の獲得に貢献したいと思っています。国際アドミニストレーション研究科で修士号を得たことはこの会社での勤務に役立っています。要するに国際化がすべての鍵となると思います。