検索
メニュー
メニュー

社会人への配慮

  • カリキュラム

社会人の大学院生のために下記のような配慮を用意しております。

1.交通至便です。

本研究科の授業はほぼすべて、東京紀尾井町キャンパスで行われます。同キャンパスの最寄り駅は、麹町駅、永田町駅、四谷駅、赤坂見附駅ですので、首都圏のどこからのアクセスが良い環境にあります。

2.授業は夕方、土曜日に集中させています。

社会人の便宜を考え、授業は原則として平日の18時30分からと土曜日の午前および午後に集中して行います。

3.実務経験や学習経験を単位認定します。

各科目のカバーする範囲について、すでに実務経験または学習経験をもっている場合または十分知識をもっていると判断された場合には、当該科目についての口述試験等をおこない、能力を確認して単位を認定します。

4.社会人は1年間での修了が可能です。

社会人の便宜と経験を考慮して、修士課程を1年で修了できる場合もあります。詳しくは大学院担当事務室にご相談ください。

5.修士論文の代わりにプロジェクト研究報告書を選択できます。

演習では、「修士論文」あるいは「プロジェクト研究報告書」の作成が選べます。「プロジェクト研究報告書」では、興味をもつ分野や仕事のテーマを選択し、企業、団体、政府、地方自治体、NPO、大学、病院などでの経験、インターンシップ、研究、調査を通じてテーマをまとめあげ「プロジェクト研究報告書」として提出し、学内の審査会で審議され、判定がなされます。

6.社会人のための特別講義や資格準備講座があります。

最新の政治、経済、社会状況をより正確に理解し、各種資格試験を準備するために、外部専門家を招き、講演会やセミナーを開催します。