検索
メニュー
メニュー

久米 五郎太
(くめ ごろうた)

  • 教授
職位

教授

担当科目

「国際企業研究Ⅳ(企業統治)」「地域研究(中近東・アフリカ)」「国際アドミニストレーション演習」

略歴

東京大学教養学科卒
日本輸出入銀行(現在の国際協力銀行)で総務企画・融資(アジア・中近東アフリカ欧州向け、資源開発)、調査研究などに携わり、パリ首席駐在員、海外投資研究所副所長、検査部長を歴任。 丸紅で機械総括部分長、部門長補佐・顧問(電力・インフラストラクチュアー・エネルギーなど)、日揮で常勤監査役・顧問を歴任。
その間、INSEADやハーバード大学の国際経営・企業統治のコースを終了し、OECD・世界銀行・英チャタムハウスなどとの共同研究。近年ではサウジアラビアやカナダの大学院で講義。 現在は、NPOプラネット・ファイナンス・ジャパン副理事長、医療法人杏仁会理事、在日ボツワナ大使顧問、日仏経済交流会(パリクラブ)参与(前会長)でもあります。

専門領域

日本経済、国際経済・投資、開発経済、企業統治

研究テーマ

企業経営、新興国・開発途上国の開発、日仏交流

メッセージ

英語で講義を行っています。
昨年夏に参加したハーバードでの参加型の授業に刺激を受け、学生には数多くの資料を読み、積極的に授業に参加することを求めています。少人数のメリットを活かし、グループ発表の場も設け、学生諸君の間での交流も期待します。
40年以上国際的な仕事をしてきましたが、この間世界は変化が早く、時々理論に戻りつつ、現実に対応して来ました。グローバルな社会の中で、皆さんには国際的な視点に立って企業や地域の理解を深めるとともに、英語でのコミュニケーション能力を高めてほしいと願います。