検索
メニュー
メニュー

栗木 レタンギエップ
(くりき レタンギエップ)

  • 教授
職位

教授

担当科目

「国際アドミニストレーション基礎論Ⅳ」「国際アドミニストレーション演習」

略歴

1965:Saigon大学(ベトナム)中退、年日本文部省奨学生として来日、1965-68:年千葉大留学生部(日本語、教養課程)。1970:学部卒(北大)、1972:修士(北大)、1975:年博士(北大)。1976-90:(財国際開発センター研究員、主任研究員を歴任、アジア、アフリカ、中南米のフィールドワークを中心にODA・基礎研究に従事。1990年からJU,JIU。JIUでは国際交流学科長、留学生センター所長などを歴任。現在は、JIU国際人文学部国際交流学科及び大学院国際アドミニストレーション研究科客員教授。

専門領域

経済開発、農業開発、応用計量経済学

研究テーマ

経済成長の要因分析(ベトナム、中国、東アジア)、農業成長の要因分析(戦前期の日本農業、ベトナム農業など)、成長と所得分配、など

メッセージ

開発経済学が専門ですが、演習では経済学の分野に限定せず、広く社会科学関連の分野やテーマを広げて指導するつもりですので、ぜひ参加してください