鈴木 崇弘 SUZUKI Takahiro
(すずき たかひろ)

  • 特任教授
職位

特任教授 Specially Appointed Professor

担当科目

公共
法・行政
政策形成ワークショップ
国際理解・展望
社会先端研究
国際アドミニストレーション特別研究指導
Policy Design
Independent Study

略歴 Educational Background and Working Experiences

城西国際大学大学院国際アドミニストレーション研究科教授。宇都宮市生。東京大学法学部卒。マラヤ大学、イースト・ウエスト・センター奨学生として同センターおよびハワイ大学大学院などに留学。東京財団の設立に関わり同財団研究事業部長、大阪大学特任教授・フロンティア研究機構副機構長、自民党の政策研究機関「シンクタンク2005・日本」の設立に関わり同機関理事・事務局長、法政大学大学院兼任講師、中央大学大学院公共政策研究科客員教授、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)事務局長付、厚生労働省総合政策参与などを経て現職。91年―93年まで 米アーバン・インスティテュート兼任研究員。関西ニュービジネス協議会学生ニュービジネス大賞2004選考委員長。大阪駅北地区国際コンセプトコンペ優秀賞受賞(共同提案者、2003年)。

After receiving his BA from the Faculty of Law at University of Tokyo and studying at University of Malaya, Takahiro Suzuki earned his MA in political science and futures studies from the Graduate School of the University of Hawaii in 1985 under a East-West Center grant.

Previously, he worked for the National Institute for Research Advancement, Japan Forum on International Relations, the Sasakawa Peace Foundation and the Nippon Foundation. Additionally, Suzuki was appointed Administrative Director for Research at the Tokyo Foundation, a designated professor and deputy director of Handai Frontier Research Center at the University of Osaka and Director of the Think Tank 2005 Japan, a policy research institute affiliated with the Liberal Democratic Party. From 1991 to 1993, he was an adjunct fellow at the Urban Institute. He was also a special assistant to Minister of Health, Labor and Welfare, a visiting professor of Chuo University, an adjunct lecture of Hosei University, and a Chair on Selection Committee for Student New Business Award, the New Business Conference Kansai in 2004. He, as a proposal partner, received the Award for Excellence, Osaka International Concept Competition, on May 2003.
 

専門領域

公共政策、政治、新しいテクノロジー等も活かした社会や 政治システムの構築および 新たなる社会創出人材の育成
Public Policy, Politics, Societies actively making use of new technologies, structuring of political systems, and development of human resources for the creation of new societies

研究テーマとの出会い How I Became Interested in My Research Area

 私の研究テーマというか活動のテーマは、「日本に民主主義を起業する!」です。

 私は、民間、国会、行政、政党、大学などの様々な組織や分野で転職11回をし、そこで政策研究や政策づくりなどに関わってきました。その経験から、私は日本が実は必ずしも「民主主義」の国・社会ではないと気付き、その状況を変革していくために、そのテーマと出会ったのです。その一環で、これまでの2つの政策研究機関を立ち上げたりもしてきていますが、その実現のために現在も奮闘中です。

研究・論文紹介 Research Activities

主な著書等は、『日本に「民主主義」を起業する…自伝的シンクタンク論』(単著)、『何谓智库:我的智库生涯』(単著)、『学校「裏」サイト対策Q&A』、『世界のシンク·タンク』(共に共編著)、『シチズン·リテラシー』(編著)、『アメリカに学ぶ市民が政治を動かす方法』(監共訳)、『Policy Analysis in Japan』(分担執筆)などで、日本語、英語、中国語、韓国語で、500編を超える論文記事等を出版してきています。また様々なメディアでも活躍しています。

He has authored more than twenty books including the Making of a Prime Minister, Creating Democracy in Japan?autobiography on think tanks, Think Tanks of the Word; Linking Knowledge with Public Policy, Creation of New Policy Formation; Think Tanks in Civil Societies, A Japanese Think Tank; Exploring Alternative Models, Citizen Literacy, The Way of Citizens to mobilize Politics by learning from American Society, and Policy Analysis in Japan. 

研究テーマの魅力・面白さ Reasons for Pursuing This Research

私が、学者というよりも、実践者。取り組んでいる研究や活動は、何らかの形や意味で社会に影響し、社会に変革させていくことを目指しています。私の研究テーマも同様です。

自分の研究や活動で、社会を少しでも良く方向に変えていける。それは、とても魅力的だし刺激的だと思いませんか? 皆さん方ともぜひ一緒に、そのような研究や活動をしていきましょう!

ゼミ生の研究テーマ・ゼミの雰囲気 Seminar Research Themes and Atmosphere

私のゼミに最近では中国、モンゴル、ベトナム、日本出身の院生が在籍し、ビジネス、金融、メディア、イスラムなど多種多様な研究をしています。以前は、ノルウェー、ポーランド、ネパールや韓国出身の院生も在籍し、日本語と英語の両言語で対応していました。

ゼミでは、国籍を含めて多種多様なバックグラウンドの院生の方々がいて、修士論文作成指導や学期ごとに異なるテーマでのグループワーク等を通じて、相互に協力しながら、国際関係や交流を実体験しながら、前向きに学び合っています。

メッセージ Personal Message

 まず皆さんには、アップルの創業者のスティーブ・ジョブズの次の言葉を送りたいと思います。

「仕事は人生の大部分を占めます。だから、心から満たされるためのたった1つの方法は自分がすばらしいと信じる仕事をすることです。そして、すばらしい仕事をするためのたった1つの方法は、自分がしていることを愛することです。愛せるものがまだ見つかっていないなら、探し続けてください。立ち止まらずに」

 皆さんには、このジョブズがいっている言葉を実践していただくために、ぜひ多くのことを学び、社会に出てからも、絶えず学び続けるための土台を創っていただきたいと思います。そのための支援や協力は惜しみません。

I hope that you can build a foundation of making yourself continue to study and catch up social changes which will happen in coming years through graduate courses of our GSIA. Study hard and also enjoy yourself.