検索
メニュー
メニュー

授業の一環としてエアチャイナ(中国国際航空)を見学

  • 国際アドミニストレーション研究科
             
 
「多国籍企業」授業の一環として、 中国のナショナルフラッグキャリアであるエアチャイナ(中国国際航空)の日本支社を見学しました。
 はじめに、日本支社の概要、経営状況、日本地区のサービス、採用方法について説明していただきました。その後、社内見学をさせていただきました。
2018年10月現在、エアチャイナグループは旅客機を590機保有しており、日中間航空シェアの約15%を占めるなど、今後も日中の懸け橋として重要な役割を担うことが期待されます。
 温かく迎えてくださった馮力・日本支社長をはじめ、スタッフの方々に感謝いたします。