検索
メニュー
メニュー

「データが変える社会」鈴木崇弘教授が2020年1月26日「東京新聞」に寄稿

  • 国際アドミニストレーション研究科

人工知能、ロボット、5Gなどの最先端の技術により、社会が変わり始めています。
その鍵は私たちが提供するデータです。
これにより人類への脅威が指摘される一方で、人間が持つ機能の拡張や向上も考えられます。
データがどう流れ、個々の技術とつながり、社会の変革につながるのか。
鈴木教授がその詳細を解説します。


「東京新聞」2020年1月26日 世界と日本 大図解シリーズ No.1441
https://www.tokyo-np.co.jp/article/daizukai/2020/CK2020011602100035.html?fbclid=IwAR0U18uoCc3X6kXDcVTrIwldTHDZAHFhdCGuY-hD1XcUR0JxpvIMjxiqdq8