検索
メニュー
メニュー

オンライン授業を導入した春学期

  • 国際アドミニストレーション研究科

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、波瀾万丈の春学期が終わりに近づきつつあります。

振り返ってみると、日本の社会や教育は、コロナ禍で大きく変わりつつある一方で、「慣性の法則」からか、いまだ変わらない部分も多々あります。その一つがオンライン教育です。コロナ禍を越えて、オンライン教育の技術・手法を、今後現場にどうやって活かしていくか、鈴木崇弘研究科長が、次の記事の一部で、本研究科での試みについて報告します。

テクノロジー×情報で新しい政策形成は可能か…オシンテックの新しい試み(鈴木崇弘) - 個人 - Yahoo!ニュース