検索
メニュー
メニュー

宮城県気仙沼の観光振興についてオンライン会議 Zoom Meeting on Tourism Promotion in Kesennuma, Miyagi Prefecture

  • 国際アドミニストレーション研究科

黒澤ゼミ(黒澤武邦准教授)の大学院生11名が、8月23日気仙沼仕事創出プロジェクト(茂木正光代表)主催の「気仙沼の食と観光についてのオンライン・ワークショップ」に参加しました。

ゼミ生は2チームに分れ、「中国における商品のネーミングと気仙沼への提言」と「持続可能な水産業と企業活動」と題して発表しました。

気仙沼を拠点に水産加工など水産事業とホテルなど観光事業を展開している(株)阿部長商店の方々と活発な意見交換を行いました。

事前にふかひれスープなど試食品が送られ、中国人留学生からの感想が好評でした。

 

On August 23, 11 graduate students from Associate Professor Takekuni Kurosawa's laboratory participated in " Online Workshop on Food and Tourism in Kesennuma" organized by Kesennuma Job Creation Project (Representative: Mr. Masamitsu Mogi).

The students were divided into two teams and gave presentations on " Product Naming in China and Proposals for Kesennuma" and "Sustainable Fisheries Industry and Corporate Activities".

The students actively exchanged opinions with people from ABECHO Group, a major company in Kesennuma that operates both fishery processing and tourism businesses such as hotels.

The company sent us shark's fin soup and other tastings in advance, and the Chinese students' feedbacks were favorable.