検索
メニュー
メニュー

2021年度 観光経営人材育成講座 第9回と第10回が開催 The 9th&10th Human Resource Development Course in Tourism Management 2021

  • 国際アドミニストレーション研究科

城西国際大学(JIU)は、2019年度東京都が実施する「大学等と連携した観光経営人材育成事業」の連携大学として選定され、本年度はその3年度目(最終年度)を迎えました。今年度は「観光新時代、テクノロジーと外国人材の活用における展望」と題し、本学大学院国際アドミニストレーション研究科が本講座を担当し、外国人在籍との連携を見据えた高度観光経営人材の育成等を目的とする教育プログラムの開発を行なっています。詳しくはこちらから(※)。


2021年9月18日、観光経営人材育成講座「観光新時代、テクノロジーと外国人材の活用における展望」の後半の講座がオンラインで開催した。

第9回は【トークセッション】観光DXと題し、早稲田大学総合研究機構次世代ロジスティクス研究所事務局長兼招聘研究員の岩間正春様から「観光とDX~日本酒と和食の融合で「コト消費」を創造する~」と題して日本の文化(食文化)、中でも日本酒は日本を世界に売り出す貴重な資源であり、活用の方法は無限大であるという講演をいただいた。また都内にある歴史ある酒蔵やレストランを活用し、ストーリー性を持たせて外国人に楽しんでもらうようなコト消費を開発し、DXに乗せて世界に発信することの重要性等についても言及していただいた。その後、トークセッションでは観光DXは将来の外国人観光需要を再び誘発する促進剤としての役割を果たすことなどが議論された。食文化、日本酒という切り口での日本の外国人への魅力付けという点で、面白いセッションであった。



第10回は「外国人材を活かしたSNS戦略」をテーマとし、外国人材活用やインバウンド戦略の専門家である2名の専門家にご講演頂いた。最初に『訪日ラボ』インバウンド研究室の岡安太志さまより、インバウンドSNSの心得と、今求められる人材像に関する講演が行われた。次に、株式会社行楽ジャパン 代表取締役社長 袁静さまより、外国人視点を活用した中国SNSインバウンド集客成功事例の紹介が行われた。佐賀県や北海道という最新の自治体との連携や、KOCなど、最新の取り組みに関する講演があった。

両講座共に週末にもかかわらず30名を超える方々にご参加いただき、大変盛況であった。


 

On September 18th, 2021, the Tourism Management Human Resource Development Course "New Era of Tourism, Prospects in the Use of Technology and Foreign Human Resources" was held online. This is the first of the second part of our courses, which contained the 9th and the 10th sessions. 

The theme of our 9th was "Tourism and DX: create experience economies through Sake and Washoku". This course began with the talking about history of food culture focusing on Japanese Sake (Rice Wines) and successfully following mentioned about no limit potential and how to promote Japanese tourism to Foreign tourists exploiting them. During the session, it is mentioned that the importance of customer experiences of foreign tourist for the development new tourism service and the awareness to the foreign countries. Regarding tourism DX, it was also mentioned that DX will facilitate real tourism for foreign tourist by providing complementary customer experiences. It was very interesting to attract foreign tourists by food-culture and Japanese Sake, the participants might enjoy having an excited talk session.



The 10th session discusses "Foreign Human Resources and SNS Marketing Strategies" by inviting two speakers who have expertise in these areas. First, Mr. Okayasu, who is a vice president of inbound marketing at Honichi-Labo, talked about a practical guide for SNS marketing managers. Second, Ms. Yuan, the president and the CEO of Kouraku Japan, introduced recent developments in SNS marketing, ranging from inbound marketing by local government (Saga and Hokkaido) as well as recent trends in Key Opinion Consumers (KOCs). 

Despite the weekend, the sessions were well attended by more than 30 people and ended in success. 


https://gsia-jiu.jp/gsia/