検索
メニュー
メニュー

英語教員を目指す学生の履修モデル

  • カリキュラム

吉田 夏苗さん(2019年度入学生)に学生生活について尋ねてみました。

 

いちばん力を入れていること

 私が今一番力を入れていることは、語学力の向上です。必修科目の英語だけでなく、第二言語として中国語とハンガリー語を履修しているため、それぞれの言語の文法や語彙、発音など、学習することはとても多いです。しかし、第二言語の学習を通じて他国の文化を知ることもでき、とても楽しく、またやりがいを感じながら学習しています。

 

将来の夢

 将来の夢は、英語科の教師になることです。教職課程を履修しています。
 国際交流学科で展開されている授業では語学の授業だけでなく、異文化や国際的な視点から考えを広げていく授業がとても多いです。大学4年間を通して、自信をもって英語を教えることのできるような知識だけでなく、広い視野で物事を考える力が身に付けられるよう、努力していきたいです。

 

1週間の時間割(2年次 春学期)

月曜日 1限目:ハンガリー語 IA
2限目:ハンガリー語 IA
3限目:経済原論a
火曜日 1限目:近代イギリス文学(教職科目)
2限目:教育制度(教職科目)
3限目:Intermediate Writing Skills(教職科目)
4限目:Intermediate Reading Skills(教職科目)
5限目:総合的な学習の時間の指導法(教職科目)
水曜日 2限目:国際交流・協力実践
4限目:経済学入門
木曜日 1限目:NGO・NPO入門
2限目:教育心理学(教職科目)
3限目:Intermediate Writing Skills(教職科目)
4限目:生涯スポーツ概論(教職科目)
5限目:教育原理(教職科目)
金曜日 1限目:Intermediate Reading Skills(教職科目)
2限目:政治学入門
3限目:特別のニーズ教育論(教職科目)
4限目:中国語Ⅱ
5限目:中国語Ⅱ
集中(通年) 英語学概論b(教職科目)