検索
メニュー
メニュー

第24回学位記授与式が行われました。

  • イベント

3月15日、千葉東金キャンパスにて2018年度卒業式が行われました。

午前11時よりスポーツ文化センターにて、学位記授与式が行われました。国際交流学科の田村 好実さんが国際人文学部の代表を務めました。

次いで学科ごとに分かれて、午後1時より卒業証書授与式が行われました。

 まず最初に、飯倉 章 学部長より学部代表同窓会幹事の任命式が行われました。市山 マリア しげみ ゼミの星崎 岬さんが引き受けてくれました。

 次に、林 千賀 教授より日本語教員養成課程(副専攻)を終えた卒業生たちに修了認定証が授与されました。

 吉城寺 尚子 教授より学芸員課程を終えた卒業生に修了認定証が授与されました。

 最後に、各ゼミのアドバイザー教員から、卒業するアドバイジー一人一人に学位記が授与されました。吉田 朋彦 ゼミです。国際交流学科の知性と品格を代表しています。

飯倉 章 ゼミです。師はJIUのガウンを、弟子はJIUの学帽を被っております。卒業生は、世のため人のために尽くします、と抱負を語ってくれました。

市山 マリア しげみ ゼミです。信頼の絆で結ばれた師弟の笑顔です。授業や海外留学を経て英語力も伸びましたが、何よりも人として成長できたと学生生活を振り返ってくれました。

林 千賀 ゼミです。いつも明るい姉妹たちの笑顔です。4月からは、日本語教員や英語講師として、人を教える立場に立つそうです。卒業後は職業人としても語り合いたいと言ってくれました。

 学生たちは先生方に温かく見守られながら、国際社会で今こそ求められる思いやりを知ることができたのではないでしょうか。都合で全てのゼミを撮影することはできませんでしたが、卒業生たちはアドバイザー教員とともに記念写真をとり、思い思いの感謝の言葉を伝えていました。

 卒業証書授与式後、語学教育センターのフロアにて、卒業パーティを催すゼミもありました。ゼミの後輩たちが食事や飲み物を用意して、ゼミやサークルでの思い出話やこれからの夢を語り合っていました。夜に祝賀会を控えているゼミもありました。

 午後2時半より、教育職員免許状授与式が開催されました。教職課程を運営する先生方からお祝いの言葉を頂いた後、三島 武之介 助教から、吉田 朋彦 ゼミの卒業生に中学校・高等学校教諭一種免許状が手渡されました。

 高い目標を立て、それに向かってひたむきに努力し、見事に成果を挙げた卒業生の皆さんに心からの拍手を捧げたいと思います。本当におめでとうございました。