検索
メニュー
メニュー

留学便り(4月・カナダ)

  • 留学

国際交流学科3年 中川 純之介
(アドバイザー教員 市山 マリア しげみ 教授)

 カナダのブリティッシュ・コロンビア州ヴィクトリアにあるカモーソン・カレッジ(Camosun College)に留学中の中川 純之介さんから留学だよりが届きました。

 

大学での勉強

 先日、8か月間続いた授業を終えました。カモーソン・カレッジで学んだことは、この先の英語学習、また日々の生活に大きく反映されていくと思います。私は、4人の素晴らしい指導者に出会い、英語に関する知識だけではなく、指導者としての在り方を教示してもらいました。
 第二言語を修得することは、決して簡単なことではないです。しかし、その過程の中で、様々な国籍や境遇を持つ人々に出会い、自らの世界に対する理解の深まりと、視野の広がりを、実際に自分で少しずつ実感することが、とても意義のあることだと思います。

 

クラブや課外活動

 English Conversation Clubでシドニーにクラビングに行きました。カニが釣れるのを、待つ間に、仲間とゆったり会話でき、とてもいい時間を過ごせました。特に、リーダーのRyanには、本当に留学中助けてもらい、よい友達になれたかなと思います。

 

休暇の過ごし方

 セメスターが終了したので、クラスメートとパーティに行きました。みんな思いやりがあり、とても良い仲間だったので、別れるのが寂しいですが、またいつか会えることを願っています。

 

寄宿先での生活

 4月、私は誕生日を迎えました。ホストの両親が、ホームメイドのケーキを用意してくれて、とても嬉しかったです。ホストファミリーには、8カ月間お世話になったので、本当に感謝しています。

 

留学生活を振り返って

 カナダで過ごした8カ月は、生涯に渡り、財産となるものだと確信しています。このプログラムは、多くの方々の支援があって成立したものなので、感謝しています。帰国後、今より厳しい日々を送る中で、いかに責任を持って行動できるかに、自らの成長がかかっていると思います。そして、身につけた能力が帰国後もさらに伸びていくよう、プランを立てて実行していこうと考えています。