検索
メニュー
メニュー

田中 由美子 招聘教授のインタビュー記事が『朝日新聞GLOBE+』に掲載されました

  • SDGsへの取り組み

田中 由美子 先生が語る担当科目「国際交流・協力実践」の指導のあり方

国際交流学科招聘教授で、JICAシニア・ジェンダー・アドバイザーの田中 由美子 先生のインタビュー記事が、
みんなを幸せにするジェンダー目線とは? 違いを楽しむ社会の実現を」朝日新聞GLOBE+、2021年3月29日に、
掲載されました。

記事の終盤で、国際交流学科で担当している「国際交流・協力実践」での授業の様子にも言及されています。
ご一読いただければ幸いです。

 

田中 由美子 先生が語る「女性の視点から考える防災」

田中 由美子 先生は、「【LIVE配信】女性の視点が「防災」には足りない。災害からの復興に取り組んできたゲストと考えます。(ハフポスト日本版 Partner Studio主催、JICA(独立行政法人国際協力機構)後援)」にゲスト参加いたしました。

当日のイベントの内容をまとめた記事は、下記リンクからご覧になれます。
“女性の視点に立った防災”が必要 : 藤原しおり(元ブルゾンちえみ)さんたちと考える(JICAホームページ、2021年4月8日)

当日の録画は、下記リンクからご覧になれます。
女性の視点が「防災」には足りない。災害からの復興に取り組んできたゲストと考えます。(ハフライブ ハフポスト日本版公式SDGsチャンネル、2021年3月10日)

 

田中 由美子 先生担当科目「国際交流論」のご紹介

田中 由美子 先生の授業では、グローバル化に伴って生じている様々な課題解決に向けて、私たちが身近にできることや、プロフェッショナルとして国際開発のキャリアに挑戦する道について学ぶことができます。

それぞれの学生が自分で調査した内容をプレゼンテーションし、互いに理解を深め合っていきます。

田中 由美子 先生が担当する「国際交流論」では、持続可能な開発目標(SDGs)に沿って、多様な国際交流のあり方について考える授業を行っています。SDGsの17の目標について学び、各目標の事例分析ののちグループ討議を行います。また、特に関心を持ったテーマを選び、グループで調査研究してプレゼンテーションを行います。プレゼンテーション後には質疑応答が活発に行われ、学生のSDGsに対する関心が確実に高まっていることがわかります。

 

なお、田中 由美子 先生の他の記事は、以下のリンク先にございますので、ご高覧いただければ幸いです。