検索
メニュー
メニュー

留学だより(ハンガリー/ブダベスト商科/2020年1月)

  • 留学

JIUの海外協定校の1つ、ブダペスト商科大学に留学中の加古 達輝さんより留学だよりが届きました。

国際交流学科2年 加古 達輝
(聞き手 三島 武之介 助教)

 

期末試験は、いかがでしたか。

私は、6つの授業を受講しており、経済やビジネスに関しての授業を4個、欧州連合(EU)や国際法に関しての授業を1個とハンガリー語の授業を1個取っていました。

経済やビジネスの試験は、専門用語に加え、予算作成や収入予測、在庫管理などの計算問題など、難しい問題もありました。EUと国際法は多肢選択式の問題で、主にEUの機関についての説明が正しいか否か、架空の事例に対して、どの法律が有効なのかということを多く聞かれました。ハンガリー語の授業では、ハンガリー語で私の地元について発表しました。学んだ文法を駆使しながら、人口や場所といった基本情報に加え、名所・名物について紹介しました。

おかげさまで無事に、6個すべての試験に合格し、単位を修得することができました。来学期は、中欧を理解する授業や、アジアの異文化交流など、自身の興味をそそられる授業を取ることができましたので、より一層全力で取り組んでいきたいと思います。

 

合格した自分に、何かご褒美はあげましたか。

試験後の自由時間を利用して、欧州の国を回ってきました。まず私が行ってきたのはスペインのバルセロナです。かの有名なサグラダファミリアへ行き、その美しさに圧倒されました。

次いで、ドイツのベルリンに行きました。ベルリンの壁やドイツの鉄道や車の技術に興味を持っていたため、それに関する観光地を回ってきました。

また少し期間を空け、フランスはトゥールーズへ行ってきました。ここではハンガリーで出会った友人宅に泊まらせていただき、フランスの家庭料理や日常を体験することができました。それと同時に家族の温かさというものを再認識することができ、自分の家族に改めて感謝をする良い機会にもなりました。