検索
メニュー
メニュー

留学だより(韓国/仁川/2020年2月)

  • 留学

JIUの海外協定校の1つ、仁川大学校に留学中の忍足 玲奈さんから留学だよりが届きました。

国際交流学科2年 忍足 玲奈
(聞き手 三島 武之介 助教)

 

語学堂での授業も一段落ついたでしょうか。

はい。2月は期末試験がありました。中間試験と同じく一日目に筆記試験、二日目にスピーキングテストを行いました。中間試験よりも良い点数を取ることができたので、よかったです。

授業では、パワーポイントを使って発表する機会が2回設けられています。2回目の今回、私は日本の動植物について紹介しました。私は日本原産の犬である柴犬と日本の国花である桜を韓国語で紹介しました。日本では桜が有名だということをほとんどのクラスメイトが知っていました。日本に興味を持ってくれていることが嬉しかったです。26日には修了式があり、無事に修了証を貰うことが出来ました。

約2ヶ月半語学堂に通い、JIUよりも授業の進度が速く、課題も多くて大変でしたが、クラスメイトとわからないところを教えあったり、休み時間も話したりしながら楽しく韓国語を学ぶことができました。

 

新型コロナウイルスへの大学の対応はいかがですか。

2月上旬に授業が3日間休講になりました。その分、修了式が終わったあとに3日間の補講期間が設けられていたのですが、最近韓国ではコロナの感染者が拡大しているため、その補講期間もなくなりました。

新学期も3月2日から始まる予定でしたが、2週間延期して、16日開講になりました。また16日から27日までは一部の講義がオンライン授業に差し替えられるそうです。

寮では、建物に入る前に消毒機(写真)の中に入らなければなりません。入口にも熱感知器が設置されています。また学内の食堂やコンビニにも、マスクをしていないと入ることができません。

新学期まで1週間ほどの休暇がありますが、極力外出はせずに、寮でこれまで習ったことの復習をしながら過ごしたいと思います。