Exchange Online の制限事項

 

動作ブラウザ一覧

OS

ブラウザ

Windows 10

Microsoft Edge , Internet Explorer 11 , Mozilla Firefox , Google Chrome

Windows 8.1

Microsoft Edge (*1) , Internet Explorer 11 , Mozilla Firefox , Google Chrome

MAC OS X (10.10 以降)

Microsoft Edge (*1) , Safari10 + , Google Chrome

*1新しいMicrosoft Edge (ChromiumMicrosoft Edge)

 

制限事項1:メールボックスの容量

メールボックスの容量は、100GBになります。

1)メールボックスの容量に関する警告

メールボックスの容量が上限に近付くと、次の3種類の通知がMicrosoft Outlook(管理者)から送信されます。

No.

項 目

説 明

1

警告

メールボックスの容量が上限に近づくと、警告通知がメールでユーザに送信されます。

※この警告を送信することで、不要なメールを削除するようユーザに促します。

2

送信禁止

メールボックスの容量が上限に達すると、送信禁止通知がメールでユーザに送信されます。

ユーザは、メッセージを削除してメールボックスの容量が上限を下回るまで、新しいメッセージを送信できません。

3

送受信禁止

この上限に到達すると、Microsoft Outlookはすべての受信メールを拒否し、送信者宛てに配信不能レポートを送信します。送信者は、後でメールの送信を再試行することができます。

メッセージを受信できるようにするには、メールボックスの容量が上限を下回るまでメッセージを削除する必要があります。

 

2) メールボックスの容量に関する制限と通知

No.

対 象

警告

送信禁止

送受信禁止

1

容量制限の既定値

98 GB

99 GB

100 GB

 

制限事項2:送受信メールの容量

No.

サイズ

備 考

1

送信 35 MB

本文+添付ファイルのサイズになります。
(添付ファイルは33MBまで)

2

受信 36 MB

 

制限事項3:一括送信の制約

No.

項 目

制 約

備 考

1

送信先の制限

1日当たり 10,000 送信先

 

2

1通の送信宛先数

500宛先

 

3

メール数の制限

1分当たり 30 通の送信

*2

 

*2不正使用を防ぐため、ユーザが送信できるメールは1分間当たり30 件に制限されています。

   ユーザが31件以上のメールを送信した場合、自動的に30件に調整されて送信されます。

   例として300通を送信した場合は約30分かかることになります。