検索
メニュー
メニュー

カリキュラム・ポリシー

  • カリキュラム

国際人文学部国際交流学科では,教育研究上の目的に基づき,国内外の国際的な場で活躍する人材の養成のため,以下に掲げる方針によりカリキュラム(教育課程)を編成する。

  • 実践的な英語コミュニケーション能力を4年間通して総合的に習得するために,学科共通科目群I(語学)を配置する。
  • 留学生・指定された帰国生徒等を対象とし,日本語コミュニケーション能力の向上をはかるために,学科共通科目群I(語学)を配置する。
  • 情報化社会で必要な,コンピュータに関する知識とスキルを習得するために,学科共通科目群II(情報)を置く。
  • グローバル化する文化や社会,コミュニケーションのあり方を多様な切り口から学び,国際社会に生きる人間としての教養を身につけ,人文学を学ぶことの意義を明確にするために,学科共通科目群III(教養)を置く。
  • 大学での学習に必要なスキルと社会人となるための基礎力を身につけ,学生生活を充実させ,キャリア形成や生涯教育に資する主体的・自律的な学びを実現するため,初年次教育・ポートフォリオなどに関するキャリア形成科目群を設置する。
    基礎的な国際教養を身につけるために、国際教養科目群を置く。
  • 第二外国語と世界の文化について学ぶために専門基礎科目I(世界の文化と言語)を置く。また,専門基礎科目群II(国際教養関連)を配置し,国際社会・国際交流・国際コミュニケーションなどについて学ぶ専門教育の基礎とする。
  • 国際社会や国際関係について学び,異文化理解と国際交流,国際協力に必要な知識と実践力を身につけるために専門科目群I(国際交流・協力)を置く。
  • 言語や異文化などを切り口に国際コミュニケーションについて学び,英語・日本語とその言語教育に関わる専門的な知識・スキルとコミュニケーション能力を身につけるために,専門科目群II(国際コミュニケーション)を置く。
  • より高度な英語力を実践的に身につけるために,専門科目群III(英語プロジェクト)を置く。
  • 演習および研修・インターンシップを通して,専門的な知識を学び,その実践と発展を図るために専門科目群IV(ゼミ研修・実践)を置く。
  • 教職課程で学ぶ学生のために,専門科目群V(教職関連)を配置する。
  • 多様な学びを実現するために,学科として,教職・学芸員課程,および日本語教員副専攻を奨励する。また,学生が自らの学びを深めるために,自主選択科目枠を設ける。
  • 学生が学修成果を自覚し,ディプロマ・ポリシーに示す能力の達成度を意識・評価し,自らの成長につなげるために学修アセスメントに関連するプログラムを実施する。