検索
メニュー
メニュー

留学便り(12月・カナダ)

  • 留学

国際交流学科2年 筒木 友梨 
(アドバイザー教員 三島 武之介 助教)

 

カナダのブリティッシュ・コロンビア州ヴィクトリアにあるカモーソン・カレッジ(Camoson College)に留学中の筒木 友梨さんから留学便りが届きました。 

 

休暇の過ごし方

 友達と5日間Los AngelesとLas Vegasに旅行してきました。Santa Monica, Downtown, Hollywood, Venice Beachなど様々な場所に行ってきました。どの場所も街並みが違いましたが、特にLas Vegasの街並みはとってもきれいでした。

 また、いろんな国の料理を食べ、カナダとアメリカの人柄の違いや、様々なことを学ぶことができました。私は、どこでもすぐに話しかけてくれたり、私のカメラでほかの人が自撮りしていたりする、外国人のフレンドリーな人柄が改めて好きだと感じました。

  

その他、印象に残った出来事

 12月に入ってすぐにホストファミリーと一緒に、クリスマスツリーを飾ったり、家の周りと室内にイルミネーションをつけたりしました。また、友達とサンタパレードを見に行ったり、クリスマスデコレーションを作ったりし、ビクトリアのクリスマスイベントにも参加しました。
 23日には教会に行って、クリスマスの曲をみんなで歌い、24日には子供たちとアートやゲームをして、友達を招き、クリスマスクラッカーを鳴らしながらクリスマスディナーを食べました。25日には、朝の8時にリビングに集合し、朝食と昼食を食べながらたくさんのプレゼントを開けました。たくさんのプレゼントをいただき、みんなも私からのプレゼントを喜んでくださったので良かったです。その後、みんなでゲームをしたり、映画を見たり、お出かけしたりして素敵な時間を過ごすことができました。

 カナダのクリスマスクラッカーは日本のものと違い、中にプレゼントとなぞなぞが入っていました。みんなでなぞなぞをやりながら、カナダの伝統的なクリスマスクッキーや七面鳥に加え、ホストグランドマザーがイギリス生まれなので、イギリスで伝統的なケーキを食べました。
 カトリック教徒の文化や、カナダのクリスマスの文化を体験することができてよかったです。そして、日本とは違うカナダのクリスマスを私のホストファミリーと一緒に過ごせたことに感謝したいと思います。