検索
メニュー
メニュー

留学便り(1月・韓国)

  • 留学

国際交流学科2年 佐野 綾音 
(アドバイザー教員 市山 マリア しげみ 教授)

 

韓国・仁川大学に留学中の佐野 綾音さんから留学便りが届きました。 

 

大学での勉強

 仁川大学は12月の期末テスト終了後、2ヶ月間の冬休みに突入しています。そのため私は冬休み期間中、仁川大学の語学堂に通っています。語学堂では、平日の9時から13時までの4時間授業を受けています。
 語学堂の授業は毎日5分間の小テストから始まります。小テストは、その日に学ぶ内容の中から単語問題が10問出題されます。この小テストのおかげで単語知識が身についているように感じます。
 また、日替わりでプレゼンテーションも行われています。プレゼンテーションの内容は、課ごとに設けられたテーマについて各自でPPTを作成し、韓国語で5分間の発表です。私は、自分の故郷と、自分の好きな場所について発表しました。韓国語で人前に立って発表をするという経験はあまりなかったので、韓国語力の向上にとても繋がる、良い経験になりました。
 語学堂の授業でも通常の授業と同様に、韓国語の文法を学び、学んだ文法を実用的に使うことができるように、会話練習をたくさん行っています。語学堂には様々な国の生徒がおり、新しく出来た友達がたくさんいます。私のクラスには、中国人、ベトナム人、モンゴル人、タジキスタン人、ウズベキスタン人、アメリカ人、日本人がいて、多国籍なクラスです。みんな親切で気さくに話しかけてくれるので、毎日楽しく語学堂に通うことが出来ています。残りの語学堂生活は1ヶ月もないので、充実したものになるよう最後まで手を抜かずに頑張りたいです。

 

クラブや課外活動

 語学堂の文化体験に参加しました。学校からバスで移動し、韓国で有名なロッテワールドに行きました。ロッテワールドは、室内と野外に様々なアトラクションがあり、どれもすごく楽しかったです。平日だったのにも関わらず、人がたくさんいて驚きました。

 話したことのない人とも話すことができたり、語学堂の友達とたくさん話したり、一緒に写真を撮ったりなど、さらに仲良くなることが出来たので、とても良い機会になりました。

   

休日の過ごし方

 大学は冬休み期間なのですが、平日は語学堂に通っているため、週末を利用して、ソウル方面によく遊びに行きます。有名なところにはたくさん遊びに行っているので、最近は有名な観光地ではなく、行ったことのないような場所に遊びに行くようにしています。
 また、韓国はカフェがとても多い国で、かわいいカフェがとても増えてきているので、友達とかわいいカフェ巡りもしています。平日は勉強詰めなので、週末に出かけることですごくリフレッシュできています。