検索
メニュー
メニュー

留学生が第12回アジアふれあいクリスマスパーティに参加しました

  • 地域交流

 12月8日、留学生は「第12回アジアふれあいクリスマスパーティ」に参加し、千葉市民と交流しました。
中国人留学生(メディア学部)は、中国の北京ダックの紹介をし、韓国の学生(メディア学部と国際人文学部)は韓国の交通やクレジットカードでの支払いの便利さなどについてパワーポイントを使用してプレゼンテーションを行いました。
日本人からも質問などあり、盛り上がりました。ミャンマー人(国際人文学部交換留学生)の2名は、東アジアのスポーツの祭典で踊られたミャンマーの踊りを民族衣装を着て踊りました。軽快な音楽に乗ってとても上手に踊ってくれました。
 そしてベトナム人(経営情報学部)の学生は、ベトナムの「愛」という歌をベトナムの民族衣装のアオザイを着て、披露してくれました。歌がとても上手で日本人のみなさんからは「上手だね」と言われていました。
 是非、他の機会でも披露してもらいたいです。テーブルでは人気者になっていました。そのほか、メディア学部の中国人留学生は、伝統的な漢民族の衣装を着て参加してくれたので、とても国際色豊かな雰囲気になりました。各テーブルに分かれ千葉市民と交流しましたので、美味しいお食事を頂きながら、楽しいひと時を過ごしたと思います。
 最後には抽選会でクリスマスプレゼントももらって学生たちは大喜びでした。みなさん、参加してよかった、日本人の友達ができてよかった、とても楽しかったなどの感想を述べてくれました。