検索
メニュー
メニュー

第2回 城西大学・城西国際大学・城西短期大学 合同大学祭を東京紀尾井町キャンパスで開催しました!

  • 学生の活動

2018年10月14日(日)東京紀尾井町キャンパス3号棟で第2回の3大学合同の大学祭(3J festival 2nd)を開催しました。
当日はお化け屋敷を初め、模擬店、ステージ、各サークルやゼミの出し物などの様々な企画が用意され、経営情報学部でも、学生の研究発表や展示、お弁当や鞄の販売を行いました。
午後にはオープンキャンパスも同時開催され、教員や入試センターの職員による個別相談会が行われました。
昨年の第1回よりも多くのお客様にご来場いただき、大盛況のうちに幕を閉じました。
来年も皆様のご来場をお待ちしております。
 

資本金がないので企業さんと相談した結果、預り販売としました。会計サークルらしく飲食店の粗利は1割から2割ですが、私たちの努力の結果、その分を価格から差し引いてワンコインで販売しました。
当日は、前売り券販売などの工夫が功を奏し、110個あったお弁当を大学祭開始1時間で完売する事が出来ました。
阿里城さま、ご協力有り難うございました。

私たち、早田会計ゼミの3年生は、どのような品物を、どのような価格設定で、どのような方法で販売するかを研究し、7月からの市場調査の結果、ビックサイトのかばんの見本市で使われた見本品に目をつけました。該当企業と交渉し、粗利を計算したり人件費据え置き倉庫代等から利益を出さないで、販売価格を1,000円としました。なお、当日の売り上個数が不確定のため、予約販売も取り入れました。見事2時間で70個完売!協力企業の方有難うございました。 バイザイ! バイザイ! バイザイ!

私たち早田会計ゼミは卒業発表に向けた中間発表を行いました。発表内容は、「M&Aに伴う企業買収の価格~評価方法による差異分析~」「ドッグカフェの経営~我が国での展望~」「金融と会計の考察~正しい利益の把握~」の3つで、お越しいただいた方々から、「今の大学生ってすごい難しい研究をするんですね」とのお言葉をいただきました。堅苦しいイメージにならないよう、教室内をバルーンやペーパーフラワーで飾り付け、華やかにしました。

早田ゼミナールにおける数々の輝かしい功績を展示いたしました。また、部屋の一角では、実際に簿記大会で発表を行ったときの映像や、経営情報学部の学部紹介用のパワーポイントを映像に作り変えたものを流しました。いらっしゃったお客様からは「すごいね、ここは」とのお言葉をいただき、とても嬉しかったです。

佐藤ゼミ3年です。今年は「AIは人的サービスを超えられるか」のテーマで研究活動を行っています。「AIとは何か」、まず産業技術総合研究所の門を叩き、専門家のお話を伺ってきました。なかなか難関です。大学祭での発表はまだ途中段階ですが、見どころはベーカリーショップや無人店舗など、実際にAIが活用されている現場に足を運んで得たリアル情報です。世の中では、「AIに対する期待と不安」はどちらが大きいのか。僕たちなりにこの答えを出したいと思います。

大学祭と並行して行われたオープンキャンパスでは、個別の相談会を実施いたしました。学部の特色、講義の様子、入試に関することなど、教職員が何でもお答えいたします。