検索
メニュー
メニュー

特別講演会「税を考える」をきっかけに、SDGsと絡めた勉強会を行いました!

  • SDGsへの取り組み


2019年11月8日(金)に開催された麹町税務署による特別講演会「税を考える」をきっかけに、実践・体験型授業ビジネスキャリアIの中で、SDGs(持続可能な開発目標)と絡めた勉強会を行いました。

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。(外務省HPより)

勉強会ではまず、様々な税の種類やその役割、使い道を知った上で「自分たちならどの様な税をつくり、どの様な方法で徴収するか」を少人数のグループに分かれてディスカッションし、グループごとに結論を発表しました。

さらに、今現在の日本の財政状況を踏まえ、少子高齢化が進む社会において、これからの税のあり方、社会保障、経済格差の緩和、働きがいのある社会の実現に向けた考察をレポートにまとめました。

今後もビジネスキャリアの授業の中では積極的にSDGsを扱っていきたいと思います。