検索
メニュー
メニュー

ピックアップ授業(英語:Oral Fluency I and Oral Fluency II)

  • ピックアップ授業

文法ではなく、英語をアクティブに活用する学習法を重視。
どの職場でも通用する実用的な英語力を伸ばします

The beginning of the 2015 Academic Year saw a substantial revamp to the Faculty of Management and Information Science’s English language curriculum to build on its goal of “Developing human resources who can contribute to the global society, creating innovation in an ever-changing world”.

The new focus for Oral Fluency I and Oral Fluency II is to develop transferrable, functional and practical skills that can be readily applied to the various professional contexts students will encounter in the globalized society subsequent to graduating from JIU.

Thematic driven units studied in English allow students to enhance their knowledge of today’s society in preparation for their roles as active global citizens.

To build confidence in using English, a variety of outcome-based assessment tasks that include communicative activities, individual, pair or small group discussion skills and presentation skills have been used by teachers to best suit the needs of their particular students.

Outcomes-based assessment tasks have also enabled students to also develop the ability to research for information using technology, identify the key points required to complete the assessment tasks, create MS PowerPoint or MS Word documents in English and present their information to an audience of their peers. These tasks can be in the form of traditional presentations or group discussions.

Studying English in this manner takes the focus away from traditional prescriptive grammar-driven learning, which can be demotivating, to a greater focus on communicative and engaging learning where active participation leads to students achieving their personal and business-related language and skills needs.

Sample tasks include presenting a UNESCO World Heritage Site in Japan, discussing the best prefecture or place to live in Japan, participating in a mock job interview, planning a 5-day trip for an overseas visitor to Japan, giving instructions and developing a simple promotional campaign for a potential business venture, such as a restaurant.

日本語訳

2015年度より、経営情報学部の英語教育は、学部の学びの目標である「グローバル社会において確かな仕事ができ、新しいことに挑戦できる人材育成」に基づき、大きく変化しました。

Oral Fluency IとOral Fluency IIでは、どの職場でも通用する、実用的かつ実践的な英語力を伸ばすことに力を入れています。そして、このような英語力は、城西国際大学を卒業した後にそれぞれの学生が進む様々な専門領域において活用することができます。

英語で特定のテーマを学習することは、グローバル市民としての役割を今後果たしていくための準備として、現代社会についての知識を深めることにつながります。

英語教員は、学生が英語に自信を持ってもらうために、バラエティに富み、学習成果重視の課題を学生達の必要性に応じて最適にアレンジします。例えば、コミュニケーション・アクティビティ、個人、ペア、もしくは小規模グループでのディスカッションやプレゼンテーションといった課題を設けています。

こういった学習成果重視の課題を通して、学生達はITを活用して情報を集め、そのなかから課題を完成させるために必要な重要なポイントを見極め、パワーポイントやワードを使ってプレゼン資料を英語でまとめ、クラスメイトに発表できる能力を身につけるのです。これらの課題は従来からのプレゼンテーションやグループディスカッションといった形をとります。

このような方法で英語を学ぶことは、これまでの伝統的な文法を中心とした学習法(ときにやる気をなくてしまうような方法)から離れ、英語を使ったコミュニケーションや学生が興味関心を持って取り組める学習法を重視しています。そしてこのような授業に積極的に参加することによって、学生達が日常生活やビジネスシーンで求められる語学力やスキルを身につけることにつながります。

課題例には以下のようなものがあります。

  • 日本のユネスコ世界遺産の紹介
  • 日本で生活するのに一番快適な都道府県や地域についてのディスカッション
  • 就職の模擬面接
  • 日本に来た外国人旅行者向けの5日間の旅行プラン企画
  • レストランなど新規事業案の簡単なプロモーション・キャンペーンの展開方法

以下は世界遺産を紹介する課題に関して学生達が作成したプレゼンテーション資料です。

170406-01-01.jpg
170406-01-02.jpg
170406-01-03.jpg