検索
メニュー
メニュー

【就職活動奮闘記】教職課程と野球部のマネージャーを両立させ、母校の事務職に!

  • 就職活動奮闘記

学校事務職 坂田さん (福岡県 柳川高等学校出身)
(千葉東金キャンパス:硬式野球部)

教職課程と野球部のマネージャーを両立させて、母校の事務職に決まりました

 <私の就職活動>

 私は、小学3年生から今まで野球が生活の中心で、大学進学の決め手も硬式野球部でマネージャーをするためとしか考えず、勉強はいつも二の次でした。大学入学後、何か資格を取っておきたいと考え、教職課程を履修することにしました。教職課程の勉強と野球部のマネージャーとが両立出来るかどうか不安でしたが、大学2年の秋から硬式野球部の主務を務めることになり、これまで以上に更に多忙な日々となりました。

 3年次から染谷ゼミナールに所属し、先生と話をしながら就職と将来のことを考えるようになりました。そこで高校3年間お世話になった出身地福岡の母校に恩返しをしたいと思い、母校の事務職試験を受けることを決心しました。夢の実現のために、今まで以上に勉強に一層力を入れ、普段の授業を真剣に取組むようになると、野球にも力が入り、部活と勉強の両立が出来ました。結果、途中で諦めかけていた教職課程を無事に修得し、野球でも4年秋の第50回記念明治神宮野球大会ではベスト4となりました。そして志望する母校の事務職にも採用となりました。

<後輩へのアドバイス>

 就職活動で一番重要なことは、まず目標をもつことだと思います。今の自分が何をしなければならないのかということを明確にし、日々目標に向かって励むことです。また、目標が見つかっていない人は、自分と違った価値観を持つ人や年長者と話す機会を多く設けてアドバイスをもらったりすることが大切です。目標をもって諦めず継続すること、それが力になります。

野球部の仲間に胴上げされる坂田さん