検索
メニュー
メニュー

高桑 真恵
(たかくわ まさえ)

  • 准教授
職位

准教授

担当科目

アニメーションⅠ・Ⅱ、デッサンⅠ・Ⅱ、色彩学、プロジェクト研究Ⅰ・Ⅱ

経歴

  • 米国 School of Visual Arts (New York, NY) 芸術修士課程illustration専攻 修了
  • トーホーポリマー ヨーロッパ株式会社(Barcelona, Spain)代表取締役社長(1995) 
  • 学校法人電子学園 日本電子専門学校 CGアニメ科科長(2001-2010)・アニメーション研究科科長(2005-2010)
  • 京都精華大学漫画学部非常勤講師、コンテンツ教育学会 理事

研究テーマ

人体クロッキー、動態描写技法、生物の進化・解剖・形態を理解し、デジタルスカルプッティングツールを活用したクリーチャー造形及び教授法

著書・論文・作品

  • アニメ「ACTT Project」 アニメ原作者/PV制作 株式会社サテライト/ 
  • 2012年度アニメジャパン、2015年第10回中国国際動漫節(中国アニメフェア) 他にて出品
  • 「アニメの教科書」/共著/2008/アニメ人材育成・教育プログラム製作委員会
  • アニメーター育成のための人物描画学習法の提案/原著論文/2011//美術解剖学雑誌 VOL.15/美術解剖
  • 「Classic Human Anatomy(日本語版翻訳)邦題:アーティストのための美術解剖学」/共同翻訳/2013/マール社
  • 「人体クロッキー -美術解剖学をデッサン・アニメ・漫画に活かす—」/単著/2011/10/1/マール社
  • は『人體藝用速寫』(台湾語翻訳)『人体解剖与速写』(中国語翻訳)『인체크로키 - 미술해부학을 활용한 』(韓国語翻訳)の3ヵ国に訳され出版された。
  • 城西国際大学が実施する人体クロッキー&3Dスカルプト>>生物の観察力を磨く/記事/CGWORLD Entry/2016/
  • 講演「クリーチャー造形のための人体クロッキー」/2014CGWorldカンファレンス
  • 「生物のボディプランのクリーチャー造形への活用」/(2016)
  • 「スカルプト系ソフトを使用したクリーチャー造形における解剖学的整合性の意義」/(2017)
  • コンテンツ教育学会大会

学生へのメッセージ

絵が描きたいけど、絶望的に絵が下手。そんな学生達の描画力向上を目標に今まで授業に臨んできました。今は、少しでもそんな願いを持った人たちのお役に立てることを生き甲斐にしています!