検索
メニュー
メニュー

神田 慶一
(かんだ けいいち)

  • 兼任講師
職位

兼任講師

担当科目

メディアプロジェクト(舞台音楽制作プロジェクト)

経歴

東京都出身。筑波大学附属高等学校卒業。1989年、国立音楽大学楽理学科を主席で卒業。同年卒業に際し、有馬賞を受賞。在学中より来日オペラ団体日本公演の制作助手を務め、ミラノ・スカラ座、英国ロイヤル・オペラ等、世界的なオペラハウスの仕事を担当する。89年のウィーン国立歌劇場日本公演の際、同団の芸術監督クラウディオ・アバドとの舞台製作を期にオペラ指揮者としての修行を始める。92~95年に渡仏し、アカデミー・インターナショナル・ド・ムジーク指揮科に入学。パリ国立音楽学校教授J=J.ヴェルネールに師事。同年、フランス国立オペラ・ド・ナンシーの音楽監督J.カルテンバックに指揮法とオペラ劇場に於ける指揮活動を師事する。94~95年には英国ロイヤル・バレエ・コヴェント・ガーデンの音楽監督B.ワーズワースにバレエ音楽指揮法を師事し、幅広く舞台音楽に研鑽を積む。
89年に一般への舞台活動の普及と日本音楽文化の活性化をテーマに<国立オペラ・カンパニー 青いサカナ団>を結成。現在まで同団の芸術監督、主席指揮者を務めている。オペラ作品の作曲家、脚本家として、現在までに18作品を発表している。
指揮者としては、青いサカナ団公演以外にも、新国立劇場公演『外套』(03年)で東京フィルハーモニー交響楽団、同公演『おさん』(04年)で東京都交響楽団、東京文化会館公演『日本オペラ絵巻』(06年)で東京シティフィルハーモニック管弦楽団、『終わらない夏の王国』(09年)でアンサンブル金沢等を指揮している。

専門分野・研究テーマ

オペラ、ミュージカルを中心とした舞台音楽の作曲、脚本、指揮、演出。
特に日本語の舞台音楽作品に於ける歌唱、作劇を専門にする。

作品

『銀河鉄道』(94年)より『ルシファーの夜』(16年)まで18作品を発表している。『僕は夢を見た、こんな満開の桜の樹の下で』(03年)で佐川吉男音楽賞を受賞。東京都主催江戸開府400年事業として『あさくさ天使』(04年)を委嘱発表。2017年には初のCDアルバム『月を作る計画』をリリース。

学生へのメッセージ

舞台音楽(オペラ、ミュージカル、音楽劇)は歌唱と演劇を融合した、ハイブリッドな芸術ジャンルです。その為に、2つのジャンルをそれぞれ習得し、1つに合わせるという特殊な技術を求められます。本来はかなりの熟練を必要とされるジャンルではありますが、実際に作品作りを経験することで、「入り口」を共に学び、このジャンルの魅力、奥深さを味わって欲しいと思っています