検索
メニュー
メニュー

稲垣 秀人
(いながき ひでと)

  • 兼任講師
職位

兼任講師

担当科目

ビジネスアプリケーションI、デジタルメディアアプリケーション、社会学入門、現代思想、制作演習c2・d2

経歴

国際基督教大学教養学部社会科学科(政治思想専攻)卒業後、企業での情報教育、情報コンサルタント、広報メディアの制作、メディアイベントの運営を経て、東京大学、武蔵大学にて、情報・メディア教育、メディア・プロジェクト、メディア制作システム並びに情報システムの企画設計構築に従事。国際基督教大学大学院行政学研究科博士前期課程(社会思想専攻)、東京大学社会情報研究所教育部修了。2013年より現職、2014年より拓殖大学商学部非常勤講師、2016年より武蔵大学社会学部非常勤講師。

専門分野・研究テーマ

情報・メディア教育、社会思想、コミュニケーション論
情報・メディア教育実践のあり方、合理知における正当性とポリティクスに関わる諸問題

作品

インターネット配信映像作品として「中華学校の日本人」(共作、人民網日本語版、2002)他。CATV映像作品として「私は風船爆弾を作っていた~小岩昌子の戦後64年~」(共作、JCOM、2010)他。

著書・論文

著書『実践ジャーナリスト養成講座』(共著、平凡社、2004)、論文 「地域ポータルサイトと協同した情報支援と情報メディア教育」(情報文化学研究、2015)他。

学生へのメッセージ

大学4年間は、様々な事柄に挑戦できると同時に、多くの助力が得られ、多くの失敗が許される時間です。周りの空気を読むことに敏感にならざるをえないような繊細な人間関係は、ひとまず横に置いて下さい。好奇心と希望を両手に抱え、多いに論じ、多いに調べ、多いに考え、多いに悩み、多いに企て、多いに挑戦し、多いに失敗し、多いに笑って多いに泣いて下さい。私はその手助けをしたいと思います。