検索
メニュー
メニュー

サウンド・音楽分野

  • 映像

音楽のさまざまな分野に対応できる創造、技術、アカデミックな能力を育て、変化し続ける音楽産業が必要とする未来のサウンドクリエイターを育成します。

サウンドは、コンピューター技術の進歩によって、高度で専門的な教育を広く提供できるようになりました。サウンド専攻では、専門ソフトの認定制度を取り入れ、最新のメソッドと技術を使った独自のサウンド教育を展開しています。映画やアニメ作品の録音・編集、BGM・SEの作成から、舞台やライブでのPAなど、どのジャンルにも対応できる作曲・録音・演奏・音響技法のトレーニングを行い、知識と経験を制作現場で生かす人材育成を目指します。

関連授業

サウンド概論、サウンド表現論、サウンドデザイン基礎実習、サウンドデザインI・II・III、デジタルレコーディング I・II
音響効果、音楽研究 I・II 、演奏 I・II など

将来の職業

サウンドデザイナー、作曲家、アレンジャー、ミキシングエンジニア、レコーディングエンジニア、PA音響エンジニア、マスタリングエンジニアなど。