検索
メニュー
メニュー

ISCA2017 デジタルコンテンツ部門にて受賞しました!

  • クロスメディアコース

 2017年12月1日(金)に開催されましたISCA(INTERNATIONAL STUDENTS CREATIVE AWARD)2017の表彰式にて、クロスメディアコースの学生ユニットメディアデザインラボの制作した「pixcol(ピコル)」がナレッジキャピタル賞を受賞しました。

 ISCA(主催:一般社団法人ナレッジキャピタル)は学生のための国際的なクリエイティブアワードで、「国内映像コンテンツ部門」「海外映像部門「デジタルコンテンツ部門」の3部門があります。2017年は昨年よりさらに増え、国内より68校198作品、海外より30ヶ国329作品もの応募がありました。

 12月1日(金)・2日(土)の2日間、それらの中から各部門10点(海外映像部門は6点)の作品が上映、展示会が開催されています。
「デジタルコンテンツ部門」は1日に公開プレゼンテーション、審査の後、各賞の発表がありました。本学学生作品「pixcol」はみごと企業の方々が選ぶ「ナレッジキャピタル賞」を受賞しました。
 在阪TV局や大手IT企業、クリエイティブ企業が参加したスカウティングも行われ、本学学生は8社のもの企業の方よりスカウティングを受けました。

 pixcolは、「色の光で遊ぶ」をテーマに表現の新たな可能性を実現した作品です。
手元のカラーライト型デバイスでピコル(ピクセルの壁)を照らすと、ライトと同じ色にピコルが音とともに反応し、
子どもから大人まで楽しむことができるインタラクティブメディアアート作品です。
とにかく楽しい、ということで、体験者の方々に楽しんでいただけました。

■ ISCA公式サイト: https://kc-i.jp/activity/award/isca/2017/program/

ISCA ISCA

 ISCA