検索
メニュー
メニュー

企業と共同開発した教育デバイス「mory」をIoT/M2M展[春]に出展しました。

  • クロスメディアコース

4/10~4/12の3日間、東京ビックサイトにて開催されましたJapan IT Week【春】前期のIoT/M2M展に、株式会社ワイヤレスデザインとクロスメディアコースの戸田傑准教授と柳下藍さん(4年)が共同開発を行ったmoryを出展しました。

共同開発したこのmoryは、親子で一緒に学べる教育デバイスです。コンセプトを「子供から大人までプログラム初心者でも使える生活の新しいデザインツールとして、テクノロジーと生活の接点を描く」とし、現在、クロスメディアコースの授業にも取り入れているマイクロビット(マイコン)を展開した拡張無線ボードです。

企業に対しての提案が多いIoT/M2M展の中でも、コンシューマー向けデバイスの提案として異彩を放っていました。また教育デバイスとしての位置付けも新鮮で、来場者の反応は大変良く、時期や金額など製品化に関する具体的な問い合わせが多く寄せられました。

現在は開発中のため、正式な製品化の時期は未定ですが、今回のデモンストレーション展示での多くの方々からの購入希望の反響を受け、製品化の早期実現をめざし、引き続き研究開発、改良を行っています。

技術協力:ワイヤレスデザイン、デザイン:柳下藍、監修:戸田傑

■ Japan IT Week【春】:https://spring.japan-it.jp/ja-jp.html
■ IoT/M2M展:https://spring.japan-it.jp/ja-jp/about/iot.html

※Japan IT Weekは、IoT/M2M展をはじめ、組込みシステム開発技術展、ソフトウェア&アプリ開発展など幅広いIT分野の企業を中心とした商談のための日本最大のIT展示会です。
その中で、 IoT/M2M展は無線通信技術、センサーをはじめ生産管理やアプリケーション、AIを活用したデータ分析など様々なソリューションが一堂に集結する展示会です。
製造業をはじめとする社会インフラ、流通サービス業などの企画・開発、生産部門の責任者ならびに担当者が来場し出展企業と活発な商談を行われました。

IoT/M2M展  mory

 
 

 mory