検索
メニュー
メニュー

ちばアート祭2019に出展します

  • ニューメディアコース

8月14日(水)~25日(日)に千葉県立美術館、千葉ポートパークにて開催される千葉県主催の「ちばアート祭2019」にメディア学部クロスメディアコース(2020年よりニューメディアコース)の学生作品を展示します。

ちばアート祭は、絵画・写真公募展、デジタルアート展、デジタルナイトサファリ(イルミネーション)、アートワークショップなど、「ちば文化資産」の魅力を発信するアート祭です。

今回は「色の光で遊ぶ」をテーマにした「pixcol(ピコル)」と、「未来をプログラムする」をテーマにして「Broad(ブロード)」の2作品を本学から展示します。

pixcol(ピコル)は、ISCA(INTERNATIONAL STUDENTS CREATIVE AWARD) 2017にてナレッジキャピタル賞を受賞した作品で、子どもから大人まで楽しめる音と光の色を楽しむデジタルメディアアート作品です。

Broad(ブロード)は新作で、光るブロックを配置して色や音の変化を楽しむ知育玩具としての側面もあわせもつデジタルアート作品です。

展示とともにさまざまなイベントも開催されますので、ぜひ、ご来場ください。
 

ちばアート祭2019

会期:2019年年8月14日(水)~8月25日(日) 19日(月)休館
会場:千葉県立美術館・千葉ポートパーク
主催:千葉県(県民生活・文化課)
・公式Webサイト:ちばアート祭2019 
チラシはこちら  
・ちば文化資産とは → 千葉県のサイトへ

 

ニューメディアコース

クロスメディアコースは2020年04月より「ニューメディアコース」に名称変更し、学びを充実させ、就職の幅を広げます。メディアエンターテインメントとしてのメディアアート、デジタルアートの分野での作品制作をこれまでも行ってきましたが、ニューメディアコースでも引き続き、人々を楽しませる、世の中を楽しくする作品を作り続けていきます。
★ニューメディアコースについてはこちらから