検索
メニュー
メニュー

全国の教育機関で初めてアニメ・CGラボに最高スペック液晶ペンタブレットを導入しました

  • 映像芸術コース
 
 
 

メディア学部映像芸術コースでは液晶ペンタブレットの最上位モデル「Wacom® Cintiq® Pro 32」を東京紀尾井町キャンパスのアニメーション・CGラボに導入しました。このモデルの実習室への一斉導入は国内の教育機関で初めてになります。
 
また同ラボでは、2013年に当時の液晶ペンタブレットの最上位モデルである「Cintiq® 24HD touch」を導入していました。そのため最高スペックモデルの導入は今回で2度目となります。また大型液晶ペンタブレットを使用したデジタル彫刻が快適にできる環境は当初ではまだ新しく、当時の次世代型CGラボのコンセプトを打ち出しました。
(参照:株式会社ワコム、最先端設備を誇る城西国際大学メディア学部に最高峰のプロ用液晶ペンタブレットを納品
 
メディア学部ではCG教育として、さまざまなソフトウェアを使用していますが、同タブレットは「描き味が良く、ストレスなく制作に打ち込める」と学生に評判です。生物の形態や解剖学を理解すると共に造形力を養うデッサンの授業を展開、クリーチャー制作などデジタル彫刻を行う授業において、学生の創造性を引き出すツールとして、活用していきます。

(参照:株式会社ワコム ニュースリリース https://www.wacom.com/ja-jp/about-wacom/news-and-events/2019/1393