検索
メニュー
メニュー

メディア学部学生作品紹介「SPLIT」

  • 映像芸術コース

メディア学部映像芸術コースでは、いろいろな授業で映像・演劇・ステージなどの作品制作を行います
今回は2020年度に4年生が卒業制作として作成したゲーム作品「SPLIT」を紹介します

◆ゲームはこちらのサイトからダウンロードしてパソコンで遊ぶことができます◆
メディア学部では3年生からゼミ(研究室)に所属します。
「SPLIT」はゼミ活動及び、4年間の学びの集大成として、アニメーションとCGを研究するゼミに所属した学生が、チームで制作しました。
本作品の舞台は、帽子屋を目指す主人公の夢の世界です。おもちゃのような夢の世界の中で、主人公は冒険の旅に出ます。行く手を阻む敵キャラクタは、主人公が好きな帽子に関連した服飾関係の要素を取り入れた、個性豊かなデザインとなっています。

ビジュアルデザイン    高波克弥
システム制作・質感設定   高須尚季


【指導教員のコメント】
本学では、2・3年次に3DCGのソフトウェアオペレーションを授業で学習します。学習するソフトウェアは3DCGを制作するMayaとHoudini、ゲームエンジンのUnityを主に学びます。「SPLIT」は3年生までに学んだことをさらに発展させ、4年生の1年間でゲームエンジンUnrealEngineを新たに学習し、ゲームを完成させるという非常に挑戦的な企画でした。無事完成させ、公開できたことは制作チーム二人の努力の結晶と言えます。