HOME>年間スケジュール

2018年度 展覧会スケジュール


メディア学部クロスメディアコース卒業制作優秀展2018
会期 4月9日[月]〜20日[金] *土曜日、日曜日休み
開館時間 午前10時〜午後4時
入館料 無料


映像作品、グラフィック作品、VR、服飾デザインなど、多種多様な作品を展示します。「情報・映像・デザイン・サウンドを複合的に学び、新しいメディアのかたちをつくる」をコンセプトに学んできた学生の4年間の成果をご覧ください。

浮世絵でつづる房総人物伝 アウトローたち
Part I 切られ与三郎
Part II 東金茂右衛門・天保水滸伝
会期 Part I 5月15日[火]〜6月9日[土]
   Part II 6月13日[水]〜6月30日[土] *日曜日、月曜日休み
開館時間 午前10時〜午後4時
入館料 一般300円、高校生以下無料
    *Part Iのチケットのご提示で、Part IIの入館料が100円になります。

江戸から明治にかけて、房総ゆかりの人物や事件から生まれた歌舞伎が人気を集め、多くの浮世絵が出版されました。パートIでは、木更津でお富を見初めたことから始まる与三郎の波乱に満ちた物語を紹介します。パートIIでは、東金の豪商がモデルになったといわれる東金茂右衛門と、幕末の利根川下流域での闘争事件にもとづく「天保水滸伝」を紹介します。浮世絵をとおして、人々を夢中にさせたアウトローたちの物語をお楽しみください。
関連企画
◎講演会「天保水滸伝の歴史世界」
講師:米谷博氏(銚子市文化財審議会委員)
日時:6月23日[土]午後1時30分〜3時
会場:図書館3階プレゼンテーションホール *聴講無料/要予約

◎ギャラリートーク(当館学芸員による展示解説)
5月19日[土]、6月30日[土]午後1時30分〜
展覧会図録発売中

《昭和職業絵尽》にみる戦前のくらし
会期 7月10日[火]〜8月4日[土] *日曜日、月曜日休み
開館時間 午前10時〜午後4時
入館料 一般100円、高校生以下無料

洋画家・和田三造の《昭和職業絵尽》は、中世より描きつがれてきた職人尽絵に範をとり、伝統的な職人から、近代化とともに生まれた新しい職業まで、新旧の職に従事する人々の様子を描いた木版画シリーズで、昭和14年から16年にかけて48図が刊行されました。本展では、当時の世相風俗が生き生きと描写された木版画を通し、戦前の人々のくらしを紹介します。
関連企画
◎鑑賞+ワークショップ「お仕事図鑑でアートカード遊び」
展示作品を題材にしたぬり絵に色をぬり、オリジナルのポストカード作り。それを使って参加者全員でカード遊びを楽しみます。
講師:藤田百合氏・赤松千佳氏・妹尾喜久子氏(えほんとあそぶアートのおうち)
日時:7月14日[土]午後1時30分〜3時
会場:図書館1Fオリエンテーションルーム
定員:15名(先着順)
申込方法:電話にて予約 *参加無料(要入館料)

◎ホルバート先生によるギャラリートーク(展示解説)
7月12日[木]午後1時〜

JIUメディアデザインラボ展
会期 8月22日[水]〜25日[土]、8月29日[水]〜31日[金]、9月8日[土]、9月18日[火]〜28日[金]
*日曜・月曜日休み
開館時間 午前10時〜午後4時
入館料 無料

メディアデザインラボは、城西国際大学メディア学部クロスメディアコースの学生によるクリエイティブユニットです。デジタルとアナログを融合させ、プログラミングとテクノロジーを駆使し、“体験するアート”をキーワードに、人の動きに反応するインタラクティブアートを制作しています。これまでに国内外のコンペティションに出品し、ISCA(International Students Creative Award)2016 デジタルコンテンツ部門最優秀作など、数々の賞を受賞してきました。このたびの展覧会では、受賞作と新作を展示します。楽しく驚きに満ちた作品を体験してください。

ホルバートコレクション 近代木版画
会期 10月9日[火]〜11月10日[土] 
*日曜日(11月4日は開館)、月曜日、11月6日[火]休み
開館時間 午前10時〜午後4時
入館料 一般300円、高校生以下無料

山川秀峰《婦女四題 秋》木版多色
39.0×26.3p、1927年、個人蔵

国際人文学部アンドリュー・ホルバート招聘教授は、浮世絵の復興と近代化を目指した新版画と、画家の自画自刻自摺による独創的な創作版画という、大正期以降の木版画の流れをたどれるコレクションを所蔵しています。本展では、そのコレクションより、都市と女性をテーマに選りすぐりの作品を紹介します。
関連企画
◎ホルバート先生によるギャラリートーク(展示解説)
10月11日[木]午後1時〜

◎ギャラリートーク(当館学芸員による展示解説)
10月20日[土]、27日[土]午後1時30分〜

水田コレクション 近代日本画の諸相
会期 11月27日[火]〜12月15日[土] *日曜日、月曜日休み
開館時間 午前10時〜午後4時
入館料 一般300円、高校生以下無料

松林桂月《八仙花》絹本着色、1幅
45.3×50.3p、1950年、当館蔵

水田コレクションより、鏑木清方や伊東深水の美人画をはじめ、菱田春草や前田青邨の作品を紹介します。
関連企画
◎ギャラリートーク(当館学芸員による展示解説)
12月8日[土]、15日[土]午後1時30分〜