検索
メニュー
メニュー
男子柔道部の波平選手が全日本大会出場権獲得
  • クラブ・サークル
3回戦で勝利を決める波平泰輝選手(中央)

 「2021年度関東学生柔道体重別選手権大会」が9月29日、ゼットエー武道場(千葉県市原市)で開催され、男子個人戦(66㎏級)に出場した波平泰輝選手(経営情報学部2年)が8位に入賞しました。これにより波平選手は、11月25日に開催される全日本学生柔道体重別選手権大会への出場権を獲得しました。全日本大会への出場は本学では2年ぶり2人目となります。

 本大会はトーナメント形式で行われ、66㎏級には57名の選手が出場し、全日本大会の出場権を争い、熱戦を繰り広げました。波平選手は初戦の流通経済大学の選手との対戦から延長戦に突入するなど激闘が続きましたが、持ち味のスタミナを活かした粘り強い柔道で、関東1部に所属する強豪大学に臆することなく戦い抜きました。準々決勝で惜しくも敗れましたが、初出場で見事にベスト8入りを果たしました。

 波平選手は「全日本大会でベスト8に入ることを目標に、毎日練習に励んでいます。いつも応援してくださる部員の保護者、大学関係者の皆さまに恩返しができるように、挑みます」と決意を新たにしていました。