検索
メニュー
メニュー
  • 城西国際大学
  • NEWS
  • 【重要】新型コロナウイルス(SARS-CoV-2) 感染症に関する注意喚起 第3信
【重要】新型コロナウイルス(SARS-CoV-2) 感染症に関する注意喚起 第3信
  • お知らせ
  • 本件は、文部科学省の元初健食第43号 令和2年2月10日通知に従っております。

参照:文部科学省ホームページ https://www.mext.go.jp/content/20200212-mxt_kenshoku-000004520_6.pdf

  【追加1報(浙江省の追加)】https://www.mext.go.jp/content/20200214-mxt_kouhou01-000004520_1.pdf

1.中国本土(香港、マカオを含む。以下同じ。)から帰国した学生について

日本への入国に際しては、日本国の方針に従わなければなりません。

A)湖北省若しくは浙江省から帰国または湖北省若しくは浙江省在住の方と接触があった学生
① 帰国日から2週間以内に発熱(37.5 度以上)かつ呼吸器症状(以下単に「症状」という。)がある学生は、他の人との接触を避け、マスクを着用し、すみやかに本人又は保護者から最寄りの「帰国者・接触者相談センター」(※1)(以下「センター」という。)に電話相談してください。センターから紹介された医療機関の受診結果は、大学に知らせてください。必要に応じ、学校保健安全法に基づく出席停止の措置をとります。
(※1)センターが設置されるまでの間は最寄りの保健所。
② 現に症状がない学生
現に症状がない学生は、特に帰国後2週間は、外出を控え、自宅に滞在してください。また大学との連絡をよく取るようにしてください。症状が出現した場合には、上記①のとおりにしてください。
(参考)保健所管轄区域案内(厚生労働省ホームぺージ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/hokenjo/

B)湖北省及び浙江省を除く中国から帰国し、湖北省及び浙江省在住の方と接触がない学生
① 帰国日から2週間以内に症状がある学生
他の人との接触を避け、マスクを着用するなどし、すみやかに近くの医療機関を受診してください。受診結果は、大学に知らせてください。必要に応じ、学校保健安全法に基づく出席停止の措置をとります。
② 現に症状がない学生
特に帰国後2週間は、厳重な健康観察等を行ってください。症状が出現した場合には、上記①の対応とします。

※症状が出た場合には、必ず大学医務室に連絡をしてください。

 

2.中国に一時帰国(渡航)を予定している学生へ

中国への帰国を予定している学生については、今後日本への再入国が制限される可能性や中国から一定期間出国できなくなる可能性もあります。
中国への一時帰国又は渡航については、状況が収束するまで極力見合わせてください。

止むを得ず一時帰国する場合は、必ず帰国届を提出して、帰国中の連絡先を明らかにすると同時に以下の個人衛生に努めてください。
 1.手洗い、うがい(帰宅時・出勤時・食前等)
 2.規則正しい生活に努め、睡眠時間を十分に取る。
 3.できるだけ、人ごみの多い場所は避ける。
 4.外出時はマスクを着用する。
 5.中国に帰国中、発熱等肺炎の疑いのある症状が出た場合には、大学医務室に連絡するとともに、必ず現地で医師の診断を受けこと。
 6.現地の診断で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)陰性の診断を受けた場合であっても、日本入国時に検疫にて必ず症状があったことを申し出ること。

やむを得ず一時帰国する場合には、大学行事をよく確認し、観察期間を考慮した計画を立てるようにしてください。日本への入国の際には、上記同様の対応となります。

3.現在中国に帰国(滞在)している学生へ

日本への入国の際には、上記同様の対応となります。
一時帰国し、現時点で日本に帰国できない状況にある場合には、大学学生課(gakusei@jiu.ac.jp)に連絡してください。

状況が刻々と変化しており、対応を変更することがありますので、常にホームページ等の確認をお願いします。

2020年2月12日
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2) 感染対策本部