検索
メニュー
メニュー
  • 城西国際大学
  • NEWS
  • 【重要】新型コロナウイルス関連(本学の対応)/ Important Notice on Responses regarding the new coronavirus. (University Responses)
【重要】新型コロナウイルス関連(本学の対応)/ Important Notice on Responses regarding the new coronavirus. (University Responses)
  • お知らせ

 

 

本学では、新型コロナウイルス感染症対策のため、1月30日に城西国際大学危機対策本部を設置し、本学ウェブサイト等において、大学の各種活動・行事の実施・変更含めた大学としての対応のお知らせや注意喚起を行っています。 このページでは、新型コロナウイルス感染に関する発信情報をまとめています。感染症情報は刻々と変化しますので、2020年度入学予定者を含めて、学生及び教職員の皆さんにおかれましては、定期的に本学ウェブサイト等を確認してください。
合わせて国・自治体からの情報を確認し、適切な行動をとるようお願いします。 新型コロナウイルス感染症に関する相談、感染の予防に関すること、心配な症状が出た時の対応などは、お住まいの地域の電話相談窓口へお問い合わせ下さい。発熱や呼吸器症状があり、医療機関を受診すべきかどうかの相談は、帰国者・接触者相談センターにお問い合わせ頂き、その指示に従い受診してください。相談の目安は、「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」をご参照ください。感染が診断された場合は、同時に所属部局(学部、研究科等)の窓口、あるいは本学学生課(保健室)にお知らせください。対応がわからない場合もご相談ください。

入構禁止の段階的解除について(2020年6月19日掲載)

入構禁止に関する段階的解除について掲載しました。詳細は下記をご確認ください。

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」全面解除に伴う対応について(2020年6月27日追記)

政府の緊急事態宣言発令が全面解除となり、千葉県、東京都からの休業要請も段階的に解除されていくとの報道があるものの、3つの密(密閉、密集、密接)を避ける措置を講じるとともに、段階的にキャンパスにおける教育・研究活動を再開するために万全の準備を行うよう、キャンパス閉鎖の入構措置は6月21日(日)まで延長します。対面式で行う授業については6月5日にJIU Potalにてお知らせしていますので、ご確認ください。


「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』について(2020年5月21日掲載)

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、新たにアルバイト学生向けの学生支援緊急給付金給付事業(令和2年5月19日閣議決定)が創設されました。本事業は、家庭から自立してアルバイト等により学費を賄っていることや、新型コロナウイルス感染症拡大の影響でその収入が大幅に減少していることなどの要件を満たす学生が対象となります。申請内容を踏まえて大学において、候補者を選考いたします。詳細については以下のページでご確認ください。

オンラインによる学生相談について(2020年5月12日掲載)

オンラインによる学生相談を開始しました。相談を希望する学生はこちらをご確認ください。

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」に伴う対応について(2020年5月8日更新)

国による新型コロナウイルス「緊急事態宣言」に伴い、5月30日までの間、キャンパスへの入構を原則として禁止とさせて頂きます。 詳細については以下のページでご確認ください。

学生の課外活動・学生の学内研究活動の自粛について(2020年5月7日更新)

5月30日まで本学における学生の課外活動・学生の学内研究活動は、参加者の健康と安全の配慮や感染リスクの回避の観点から、自粛を強く要請いたします。詳しくは、以下のPDFファイルを参照ください。

学校法人城西大学 緊急コロナ特別奨学金(経済支援奨学金)について (2020年5月16日掲載)

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、家計支持者の収入激減や学生本人のアルバイト収入の減少等で、修学の継続が難しくなる学生が増えております。本学では、経済的な理由により学業の継続を断念するような学生が出ないよう、学生全員に一律5万円の臨時奨学金の給付金に加え、「緊急コロナ特別奨学金」を設置することといたしました。
詳細は下記をご確認ください。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う臨時奨学金支給について (2020年5月11日更新)

【5月11日追記】
本学ホームページにてお知らせしております臨時奨学金の手続きを5月11日(月)から開始いたしました。 手続き方法等の詳細については、対象となる学生宛にJIU Portal にてお知らせしておりますので、学生の皆さんは必ず確認してください。

【4月24日掲載】

学校法人城西大学は4月24日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、留学生を含む全在学生に臨時奨学金(給付)として一律5万円を支給することを決定しました。対象は、城西大学、城西国際大学、城西短期大学の学生計約1万4000人です。

3大学ではオンラインによる講義を5月11日から始める予定で、そのために必要となるパソコンやインターネット環境の整備や通信の費用などに充ててもらうことを想定しています。

また、今年度の学費の納入期限を4月末から6月30日に延長することも決定しました。

さらに、今回の事態に伴い、経済状況が急変した学生に向け、緊急コロナ特別奨学金の設立準備も進めております。

本学ではすべての学生が学び続けられる環境を整えるために、今後もさまざまなケアや対策を実施してまいります。

2020年度授業開始日およびオリエンテーションについて(4月15日更新)

新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、さらなる授業開始時期の繰り下げを検討しておりましたが、授業開始については5月11日(月)からといたします。当面はオンラインでの授業実施といたします。詳細については以下のページでご確認ください。

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議(2020年3月19日)の結果を踏まえて

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議(2020年3月19日)の結果を踏まえ、本学においても集団感染が確認された3つの条件を避けるための感染予防策として、「人が集まる場の前後も含めた適切な感染予防対策の実施」「密閉空間・密集場所・密接場面などクラスター(集団)感染発生リスクが高い状況の回避」「感染が発生した場合の参加者への確実な連絡と行政機関による調査への協力」などへの対応を実施して参ります。詳細はこちらをご確認ください。

図書館の新型コロナウイルス感染症対応について

図書館の新型コロナウイルス感染症対応については、以下を参照ください。

上記以外の本学における各種行事・イベント等について

(1) 今後、本学における各種行事等については、参加者の健康と安全の配慮や感染リスクの回避の観点から、次の基準の下で、実施・中止・延期・開催方法変更等の判断を行うこととします。
①不特定多数と接触する可能性が高い一定規模以上の行事等を避けること。
②参加者同士の濃厚接触の可能性の高い内容のある行事等を避けること。
③重症化リスクが高いとされている方の参加が見込まれる行事等を避けること。
(2) 本学が主催する行事等については、前記の方針のもとで、実施部局において実施・中止・延期・実施方法変更等を検討します。
行事等の中止・延期・実施方法変更等を行う場合にあっては、本学ウェブサイトの「新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う行事等の中止・延期等のお知らせ」ページでその内容を随時更新します。なお不明の点がありましたら、その行事等を主催する部局や団体に確認ください。
(3) 本学主催以外の本学学生・教職員・関係者が主催する行事等については、前記の方針を理解いただき、主催者・団体はその開催の必要性及び合理性を十分検討の上で判断するようお願いします。 

海外への渡航について

外務省「海外安全情報」による「危険度」レベル4(退避勧告)及びレベル3(渡航中止勧告)の地域への渡航は、中止してください。「危険度」レベル2地域への不要不急の渡航は、中止・延期の検討をお願いします。
詳しくは、以下の外務省ウェブサイトを参照ください。

日本人留学生及び留学生について(关于日本人留学生及留学生)

ここのページの情報は、留学生を含む全ての学生に向けての情報です。特別に留学生に発せられているものとして、「日本人留学生及び外国人留学生に関する新型コロナウイルスに 関連した感染症への対応について」があります。この依頼に従って、本学も様々な課題に柔軟に対応して参りますので、引き続き、更新される情報にご注意ください。派遣中の本学留学生は、別途メール等で配信される情報にもご注意ください。詳しくは、以下の文部科学省ウェブサイトを参照ください。

本网页的信息面向包含留学生在内的所有学生,针对留学生的相关信息可以参见“有关日本人留学生及外国人留学生新型冠状病毒相关传染病的应对措施”。本校将按照文部科学省的相关规定,灵活应对各种问题,请继续关注最新相关信息。派遣中的本校留学生请留意本校发送的相关邮件。详细信息请参考文部科学省网站。

症状及び対応について(症状及对策)

(1) 発熱や咳等の呼吸器症状のみならず、食欲不振・嘔気・下痢等の消化器症状、頭痛・めまいなどの脳神経症状、筋肉痛、結膜炎等も初発症状として報告されています。
詳しくは、以下の厚生労働省ウェブサイトを参照ください。

据报道目前有以下症状:发热体温持续超过37.5度以上,咳嗽,食欲不振,恶心,腹泻,头痛,晕眩,肌肉痛,结膜炎等。请定期及时参考日本厚生劳动省网页。
 

(2) 新型コロナウイルス感染症と診断された学生・教職員は、入院又は自宅療養(学生は登校禁止、教職員は就業禁止)となります。所属部局には必ずその旨を連絡してください。療養後、治癒したと証明する主治医の診断書により、登校・就業することができることとなります。

对于确诊患新型冠状病毒肺炎的教职员工学生,一律入院治疗或在家疗养, 不得来校,并要及时地把信息报告所属学院。治愈后持医院开具的诊断证明方可来校。

新型コロナウイルス感染及び疑いのある症状への対応について

感染を疑わせる症状が出た際の対応について、本人が新型コロナウイルス感染症と診断された際の対応について、感染者の濃厚接触者として特定された際の対応については、以下を参照ください。

 

感染予防について(预防感染)

全ての学生・教職員・関係者に行っていただきたいことは、次のとおりです。
① アルコール消毒液や石鹸による手洗いを行うこと。
② 咳エチケットを行うこと。
③ 人混みの多い場所を極力避けること

为了防控病毒感染,请全校师生做好以下措施。
①用肥皂勤洗手,用酒精消毒。
②为了不要把症状传播给他人,在咳嗽、打喷嚏时,使用口罩和纸巾、手帕、袖子、胳膊的内侧等,遮住口鼻。
③尽量避免出入人多聚集的地方。

 

海外に留学中及び今春留学予定の学生の皆さまへ。海外派遣プログラムの中止について

新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、本日、本学で実施している全ての海外派遣プログラムの中止を決定いたしました。

今後も感染の拡大が続いた場合、学修への影響のみならず、すでに各国で始まっている出国制限や入国制限、移動制限の影響により緊急時に現地に救援者を派遣できない可能性や、その他不測の事態の発生も懸念されるため、学生の皆さまの安全を最優先とし、全海外派遣プログラム中止との判断に至りました。

この決定に伴い、現在海外に留学中の学生の皆さんには、速やかに日本への帰国をお願いします。

尚、帰国後2週間は自宅に待機し、本学のホームページに掲載されているとおり、各自健康観察等の対応をしてください。

 

関連情報

※学部等からのお知らせ
学生部からの注意喚起
学生支援部からのお知らせ(水田記念図書館利用案内)

・新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した場合の奨学制度について
日本学生支援機構において、予期できない事由により家計が急変し、急変後の収入状況が住民税情報に反映される前に緊急に支援の必要がある場合には、急変後の所得の見込みにより要件を満たすことが確認されれば奨学金の支援対象となります。詳しくは、学生課(TEL:0475-55-8808)までお問い合わせください。

※学外関連情報