検索
メニュー
メニュー
  • 城西国際大学
  • NEWS
  • 本学の奨学金制度と新型コロナウイルス感染症に伴う家計急変等の措置
本学の奨学金制度と新型コロナウイルス感染症に伴う家計急変等の措置
  • お知らせ

臨時奨学金等はこちらをクリックしてください。

学生・ご父母・保証人の皆様へ

 平素より本学の教育活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的蔓延という未曽有の事態に直面し、皆様も不安な日々を過ごされておられると推察いたします。ご父母や保証人の皆様のなかには、お仕事に支障が出て家計が急変した方もおられるかもしれません。学生の皆さんにもアルバイトが出来なくなり、ご父母・保証人の皆様に負担増をお願いした方もおられるかもしれません。また、紀尾井町、東金、鴨川のキャンパス近くのアパートで一人暮らしをしているものの、stay homeで気鬱になっている学生もおられるかもしれません。特に新入生の皆様には友達を作ることもできず、悩んでおられると思います。さらに、国家試験を来年に控える学生や就職活動に満足に対応できない学生の悩みも深いのではないでしょうか。
 皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

 既に大学ホームページ等でご案内しておりますように、本学では2020年度春学期の授業の開始を5月11日(月)に繰り下げましたが、まだまだ外出自粛というときですので、学生の生命と健康を守ることを最優先し、すべての開講科目をオンラインで実施することにしました。キャンパスでの授業や課外活動を待ち望んでいた学生の期待には、当面の間応えられないこととなりますが、本学では教育の質を落とさないようなオンライン授業の実施に向け、教職員一丸となって、ありとあらゆる対策を講じています。オンライン授業では、近年議論されている情報通信技術(ICT)を駆使して双方向の展開ができ、学生の習熟度を逐次的に調べることもできますので、私どもは教育力のさらなる向上も可能と考えております。

 これまで学生の皆様には、オンライン授業を受講するための準備のご案内やお願いを、学部や研究科から、さらにはそれぞれの学生を担当するアドバイジーから学生向けwebサイト等を通じてお伝えしてきました。学生のほとんどはパソコン、タブレット、スマートフォンなどを所持し、また、十分なWiFi環境下におられることを確認しておりますが、すでにオンライン授業を先行している大学などから、いくつかの不具合が報告されております。このような状況から、本学では授業を開始してもしばらくは、しっかり状況を把握し、学生の皆様に安心してオンライン授業ができるよう努力していく所存です。

 また、このたび本学では、オンライン受講を含めた学修環境をさらに整備し、安心して授業を受けられるための措置として、すべての学生に対して一律5万円の「臨時奨学金」を支給することを決定しました(具体的な支給方法については追ってお知らせいたします)。

 

さらに、これとは別に、新型コロナウイルス感染症に係る影響によって家計が急変した方への支援を考え、新たな奨学金(緊急コロナ特別奨学金)についても設置することを決定しました。本奨学金については、大学HPなどでお知らせいたします。

 

現在の新COVID-19の拡大は決して予断を許しません。本学としては、学生の生命と健康を守ることを最優先とし、今後も必要な措置を講じる予定です。この難局を乗り切るために、皆様のご理解とご協力を賜れば幸いです。

2020年4月27日
城西国際大学 学長 杉林堅次

一律5万円の「臨時奨学金(支給)」の新設

 学校法人城西大学(東京都千代田区、上原明理事長)は4月24日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、留学生を含む全在学生に臨時奨学金(支給)として一律5万円を支給することを決定しました。対象は、城西国際大学(千葉県東金市、杉林堅次学長)、城西大学(埼玉県坂戸市、藤野陽三学長)、城西短期大学(埼玉県坂戸市、草野素雄学長)の学生計約1万4000人です。3大学ではオンラインによる講義を5月11日から始める予定で、そのために必要となるパソコンやインターネット環境の整備や通信の費用などに充ててもらうことを想定しています。

緊急コロナ特別奨学金

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、家計支持者の収入激減や学生本人のアルバイト収入の減少等で、修学の継続が難しくなる学生が増えております。そのため本学では、経済的な理由により学業の継続を断念するような学生が出ないよう、学生全員に一律5万円の臨時奨学金の給付金に加え、「緊急コロナ特別奨学金」を設置することといたしました。
詳細は、下記をご確認ください。


上原育英奨学金(給付)

学内独自の給付型奨学金制度で、本学の学部生で修学の意志があるにもかかわらず、入学後、家計支持者(学費負担者)のやむを得ない事情による失職又は廃業、会社倒産、自己破産等により家計が急変し、学費納入又は学業の継続が困難な学部生を支援することを目的としております。

給付内容:給付額 年間30万円
給付期間:在学期間内 1回限り
出願資格 :①2020年4月1日現在で、本学に在籍する学部生(本学外国人留学生授業料減免の出願資格を有するものを除く)
②家計基準 給与収入の場合:600万円(税込)以下
その他所得の場合:200万円以下(収入金額から必要経費を差し引いた額)
※父母の年間収入の合算をした金額が上記基準に該当すること
③学業成績 日本学生支援機構が定める第一種奨学金に出願するための学力基準を満たし、修学年限内での卒業の見込みがあること
※日本学生支援機構が定める第一種奨学金に出願基準

出願を希望される方は、学生課 奨学金担当(TEL 0475-55-8808)までご連絡ください。

水田奨学生制度(給付)

優れた能力の伸長と有為な人材の育成を目的として設けられた制度です。成績優秀者で建学の精神「学問による人間形成」を体する学生を「水田奨学生」、「学習奨励賞」として表彰します。

水田国際奨学生制度(給付)

学生の国際的な学びを奨励することを目的として、提携校への海外留学を経済的に支援する制度です。成績優秀者で、建学の精神を体する学生を「水田国際奨学生」として表彰します。

日本学生支援機構による奨学制度

日本学生支援機構による奨学金には予期できない事由により家計が急変した場合に対応するための奨学制度があります。以下のサイトをご確認のうえ、学生課 奨学金担当(TEL 0475-55-8808)までご連絡ください。

その他の奨学制度 (2020年5月13日更新)

日本学生支援機構だけでなく、財団や各都道府県が案内している奨学制度については下記をご確認ください。

学費納入期限について

新型コロナウィルス感染症の影響を考慮し、2020年度春学期の学費納入期限を6月末日まで延期いたします。納付についてのご相談のある場合には、経理課(TEL 0475-55-8806)までご連絡ください。

関連情報