検索
メニュー
メニュー
入構禁止の段階的解除について
  • お知らせ

①6月22日(月)から、キャンパス内教室において対面式授業を一部開始
②通信環境が整わない学生への対応について
③水田記念図書館の利用について
④授業出席以外の入構について
⑤来訪者について

①2020年度春学期の授業は、全てオンラインでの授業とすることは、すでにお伝えした通りですが、一部、キャンパスの施設を利用した授業を、6月22日(月)から実施します。対象科目についてはJIU Portalで確認してください。当該科目の履修登録学生は、その授業の日に限り、入構が許可されます。

②自宅の通信環境が整っていないなど、オンライン授業が受講できない学生を対象として、東金キャンパス・安房キャンパスの施設の利用提供を行っております。利用を希望する学生は以下のサイトから確認してください。

③水田記念図書館利用を希望する学生は、以下のサイトから確認してください。

④対面式授業出席以外であっても、就職相談、アドバイザーとの面談、事務諸手続きなど目的が明確な場合、大学への入構を許可します。入構を希望する学生は、あらかじめ以下のサイトから登録のうえ、入構してください。授業出席の学生は、履修登録がありますので、この登録は不要です。

⑤学校見学を含む外部来訪の方は、事前に本学関係者に訪問の許可を得てください。

【注意事項】
入構の際には、以下の留意事項を熟読の上、自身の健康管理・周囲への配慮に努め、必要以上に長く構内に滞在しないように行動してください。また、キャンパスの通信環境に負荷がかかると、円滑なオンライン授業の運営ができなくなりますので、オンライン授業は、できる限り自宅での受講をお願いします。
なお、感染者が発生した場合、キャンパス入構の登録情報を追跡調査に使用しますので、ご了承ください。

【留意事項】
1.毎朝の検温に努め、発熱(37.5度以上)や咳などの風邪の症状が見られる場合は、大学には通学せず、休むことを徹底すること。また、通学中に発熱や咳などの風邪の症状が出た場合には速やかに帰宅すること。同居する家族に上記症状がある場合も通学は見合わせること。
2.通学に際して、必ずマスクを着用すること。公共交通機関を利用する場合には、混雑する時間を避けるように努力すること。大学に入構後、東金キャンパス本部棟1階、安房キャンパスA棟1階に設置してあります「サーマルカメラ」で、必ず検温してください。
3.学生は、各自でできる感染防止対策(手洗い、咳エチケット、うがい等)を日頃から実行すること。
*授業の前後や食事前の手洗い・手指消毒の実施、また、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性があるので、咳エチケットを守ること。
4.日々の行動について、自己管理を徹底すること。
5.指定された教室以外の場所には、むやみに出入りしないこと。
6.間近で会話や発声をする密接場面の発生を避けるため、教室内での不要な会話(私語)を慎むこと。
7.互いに会話をする場面がある場合には、マスクを着用した上で会話をしたり、離れた距離で会話したり、真正面に向かい合って座わらないようすること。
8.密集及び密接を避けるため、授業中の教員・学生間の距離を最低1メートル(できるだけ2メートル)確保(運動時は2メートル以上) すること。
9.授業において複数の者が使用する共用物品がある場合には、授業の開始前後にアルコール等で消毒すること。
10.学用バスは運行しません。
11.学食やセブンイレブン*、ステーショナリーショップは営業していないため、昼食、文具など必要に応じて各自、事前に準備すること。
*東金キャンパスのみ

授業以外の課外活動等の活動開始を希望する団体等は、活動計画書を作成して学生課に提出し、許可を得てください。

・参考
厚生労働省 新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html