検索
メニュー
メニュー
秋学期の授業について 学長メッセージ
  • お知らせ

2020年9月11日

学生、ご家族の皆様

城西国際大学学長
杉林堅次

 今年3月末以降、新型コロナウイルス感染症の影響が教育界にも及びました。本学でも、3月および8月の学位記授与式は三密を防ぐために代表者だけの授与式に変更し、学部・研究科・留学生別科にその映像をオンラインで配信する方法を採用しました。また、4月および9月の入学式は式典を取りやめて、学部・研究科毎の入学オリエンテーションをオンラインで実施することとしました。授業の開始日も予定は4月6日からでしたが、5月11日からオンラインよって実施しました。なお、その時にオンライン受講を含めた学修環境をさらに整備し、安心して授業を受けられるための措置として、留学生を含むすべての学生に対して一律5万円の「臨時奨学金」を支給しました。また、学費支弁者の家計が大きく変動した学生には原則10万円の「緊急コロナ特別奨学金」を支給しました。なお、「緊急コロナ特別奨学金」は秋学期も支給する予定になっています。
 春学期に行ったオンライン講義には肯定的な意見を学生の皆様からいただいていますが、思い描いていたようなキャンパス生活ができない、キャンパスで友人とともに授業を受けたいなど、皆様からは数多くのご意見・ご要望をいただきました。

 こうした皆様からの声も踏まえ、秋学期については、ウイルス感染予防対策をしっかり行い、同時双方向型オンライン授業、動画配信などによるオンデマンド型授業(自分の好きな時にインターネットにアクセスして映像・音声を再生して勉強)、そして対面による授業を併用していこうと考えております。なお、登校を控えたいと考える学生の皆様、通学圏外にいる学生の皆様、日本に入国できない留学生の皆様には、対面授業のオンライン配信をするなど皆様の学びを止めることのないよう対応いたします。また、わかりよいオンライン授業やオンデマンド授業をするためにはICT(情報通信技術、Information and Communication Technology)をさらに駆使することも必要であることから、教職員の勉強会なども進めていきたいと考えております。

 最後になりましたが、学生・ご家族の皆様の健康と安全を最優先し、同時に大学がもつ社会的責任を果たせるよう、教職員一丸となって全力で取り組んでまいりますので、今後とも皆様のご理解とご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。